「メジャー大会を勝ったことはとにかくすごい。劣悪なコンディションを味方にした川内らしい走りだった。大迫の福岡国際での好走、設楽悠の日本記録と続いた男子マラソンのいい流れを切らさず走ってくれた。東京五輪は逆に暑い中だが、日本選手にとってやり方次第では勝負になることを証明してくれた」