(17日・プロ野球 ソフトバンク5―3楽天)

 ソフトバンクの柳田が3試合連続本塁打を放った。

 2点リードの三回1死一塁。楽天の先発、岸が内角に投じた141キロの直球を振り抜く。「ポイントをむっちゃ前に置いた。いい打ち方でスイングできた」と体をうまく回転させ、低い弾道の打球を右翼席にたたきこんだ。15日には逆転サヨナラ本塁打を放ったばかり。「たまたまです」と話す主砲だが、好調のバットで開幕から苦しんでいた東浜に今季初勝利を贈った。

 二回には松田が先制弾。七回には代打・福田にもソロが飛び出し、2試合連続の3本塁打。チームの連勝は今季最長の「4」に伸びた。工藤監督も「有効なところでみんな打ってくれて、非常に大きな勝利」とたたえた。