14日(日本時間15日午前0時)に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表(世界ランキング61位)が13日(日本時間14日)、事前合宿を行っていたオーストリアからチャーター機でロシアでのキャンプ地・カザンに到着した。

 カザンは同国中西部にある。西野朗監督は「無事、入ることができてうれしい。少し涼しいと感じる」と日本サッカー協会などを通じてコメント。19日の初戦コロンビア(世界ランキング16位)戦に向けては、「ここからやれることは限られている。コロンビアをしっかり分析して、万全の準備をしたい」とした。

 6大会連続6回目の出場となる日本は、1次リーグH組。コロンビアの後は、24日にセネガル(同27位)、28日にポーランド(同8位)と対戦する。(カザン=堤之剛)