9日付のロシア紙イズベスチヤは、駐日ロシア大使に近くガルージン・駐インドネシア大使(57)が起用されることが決まったと報じた。長く対日外交に携わり、日本語も堪能だが、平和条約問題への厳しい姿勢で知られる。

 同紙によると、交代はアファナシエフ駐日大使が70歳を超えたことによる。

 ガルージン氏は2001〜08年に駐日公使、10年から日本を担当するロシア外務省第3アジア局長を歴任してきた。駐インドネシア大使は12年から務めている。駐日公使時代には北方領土問題について、日本の侵略行為が招いた結果だと指摘する論文を発表している。(モスクワ=駒木明義)