トランプ米大統領は10日、北朝鮮が米領グアム島周辺に中距離弾道ミサイル発射を計画していることについて、「彼(金正恩〈キムジョンウン〉朝鮮労働党委員長)がグアムに何をするか見てみよう。もし何かをすれば、誰も見たことがないようなことが北朝鮮で起きるだろう」と述べ、北朝鮮がミサイル発射に踏み切れば、対抗措置に出る可能性を示唆した。

 トランプ氏はこの日、休暇で滞在している米ニュージャージー州の自身のゴルフ場で、ペンス副大統領やマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)、ケリー大統領首席補佐官と安全保障に関する協議を行い、大半を北朝鮮情勢に費やしたという。

 協議の前後に記者団の前で語った。トランプ氏は、8日に自身が発した「世界が見たことがない炎と怒りを受ける」という発言に対し北朝鮮が「たわごと」と批判したことについて問われ、「厳しさが足りなかったかもしれない。我々は我が軍や各国の指導者から100%支持されている」と述べ、北朝鮮を再び牽制(けんせい)した。