アラブ首長国連邦(UAE)は、北朝鮮国籍の労働者らに対する新規の入国ビザ発給を停止すると発表した。UAE外務省は12日、「(北朝鮮による)核兵器の拡散とミサイル開発をやめさせる国際的な枠組みに加わる」との声明を国営通信を通じて発表した。

 UAEを含む中東湾岸諸国では、北朝鮮国籍の労働者計数千人が建設作業などに従事し、給与が北朝鮮の外貨獲得手段となってきた。米国や日本は受け入れ停止を各国に要請。クウェートもすでに新規ビザ発給を停止したり、北朝鮮大使を帰国させたりしている。(ドバイ=渡辺淳基)