熊本市中央区上通町の市現代美術館で14日、「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(朝日新聞社など主催)が開幕し、さっそく多くのファンが会場を訪れた。

 一般公開が始まる午前10時までに約70人が列を作った。新型コロナウイルスの感染予防のため全員マスクを着用。入り口のカメラで検温をした後、チェックシートに連絡先を記入。手指を消毒してから会場に入った。

 公開前には開会式があり、市文化市民局の井上学局長、KAB熊本朝日放送の竹内圭介社長、市美術文化振興財団の木下修一理事長らが出席。来賓の紫垣正仁・市議会議長が祝辞を述べた。

 会期は1月11日まで。午前10時〜午後8時(入場は午後7時半まで)。12月29日をのぞく火曜と12月31日、1月1日は休館。一般1300円、65歳以上1千円、学生800円、中学生以下無料。問い合わせは市現代美術館(096・278・7500)。(西田慎介)