星図

7月25日の夕方から宵にかけて、西の空で月齢2の細い月が水星を隠す惑星食が起こる。東京の場合、水星が月の暗い縁に潜入して隠れるのは日没直後の18時56分ごろ、明るい縁から出現するのは19時50分ごろとなる。薄明中であることに加えてかなり低いところで起こる現象のため観察は難しいが、西の空の見晴らしが良いところで挑戦してみよう。双眼鏡を使うと見やすいだろう。潜入と出現の時刻や天体の高度、月の縁のどこに出入りするかは観測場所によって異なるので、シミュレーションなどで事前によく確かめておこう。また、近くにはレグルス(1.4等)もあるので、水星と間違えないように注意しよう。

水星の潜入・出現位置と時刻
水星の潜入・出現位置と時刻(図は上が天の北)