【2019年1月28日 国際流星機構】

満月となった1月21日(世界時。以下同)、日本では昼間の時間帯に、南北アメリカ大陸を中心とした広い地域で皆既月食が見られた。月が地球の影にすべて入り皆既食となったころの4時41分38秒、月面の南西部にある「湿りの海」で0.3秒ほどの閃光が見られ、モロッコ、アメリカ、オランダ、スペインなど世界各地で観測された。

皆既月食中の月面衝突閃光
スペインの「MIDASサーベイ」プロジェクトで観測された月面衝突閃光。右側の写真の矢印の部分の白い点が閃光(提供:MIDAS Survey、以下同)

スペインの月面衝突閃光観測プロジェクトMIDASが同国内3か所に設置した高感度カメラの映像から、この閃光が流星体の衝突によるものであることが確認された。皆既月食中に衝突閃光が観測されたのは史上初めてのことだ。

(Youtube動画)

セビリヤで記録された月面衝突閃光

(Youtube動画)

高感度カメラで記録された月面衝突閃光

詳細な分析は現在も進行中だが、閃光のエネルギーから、今回月面に衝突したのは大きさ約30cm、質量約10kgの彗星由来の物質で、秒速約17kmで月面に衝突し直径約7〜10mのクレーターを作ったと推定される。

この衝突閃光の2分後にも別の閃光とみられる現象が英・グリニッジ天文台でとらえられており、1回目の閃光とともに詳細分析が進められている。