【2020年10月12日 JAXA/NASA Blogs】

日本時間10月31日(土)に予定されていた、米・スペースX社の宇宙船「クルードラゴン(クルー1)」の打ち上げ延期が発表された。打ち上げロケットであるファルコン9ロケットにおいて、第1段ロケットエンジンガスジェネレータの不具合が見つかっており、その調査と機体の確認が必要になったことが理由とされている。

「レジリエンス」と名付けられたこの宇宙船には野口聡一さんたち4名の宇宙飛行士が搭乗して国際宇宙ステーション(ISS)に向かう。クルードラゴンによるISS往還は今年5月と8月に試験が実施されたが(参照:「米、「クルードラゴン」で9年ぶりに有人宇宙飛行を再開」)、本運用は野口さんたちの搭乗機が初となる。

新しい打ち上げ日程は11月上旬から中旬とされている。

クルー1ミッションの宇宙飛行士
「レジリエンス」に搭乗する宇宙飛行士。(左から)Shannon Walkerさん、Victor Gloverさん、Michael Hopkinsさん、野口聡一さん(出典:NASA Blogs - Commercial Crew Program)