星図

1月上旬から中旬ごろ、夕方の西南西の低空で、水星と木星、土星が大接近して見える。

最接近は1月10日から11日ごろで、直径3度の視野円の中に3惑星が収まってしまうほど近づく。日の入り30分後の高度が5度前後と非常に低いので、西南西の空が開けたところで観察しよう。3つの中で一番明るい木星をまず見つけることがポイントだ。双眼鏡を使って探してみよう。水星・木星・土星は2月下旬から3月上旬に、明け方の東南東の低空でも接近する。