星図

2月下旬から3月上旬ごろ、夕方から深夜の西南西から西の空で、火星とおうし座のプレアデス星団(すばる)が接近して見える。

最接近は3月4日ごろで、2月26日ごろから3月10日ごろまでは双眼鏡の同一視野で見ることができる。共演の様子は肉眼でもよく見えるので、火星の赤っぽい色とプレアデス星団の星々の青白い色の美しい対比を楽しもう。近くにはおうし座の1等星アルデバランもあり、火星とアルデバランの色や明るさも見比べてみたい。