星図

7月30日、みずがめ座δ南流星群の活動が極大となる。極大時刻は15時ごろと予測されており、30日の深夜から31日の明け方が見やすいタイミングとなる。

下弦前の月が夜空を照らすため条件はあまり良くないが、月から離れた方向を中心に空を見渡せば多少は流れ星が見やすくなる。放射点は木星の近くにあるが、流れ星は空全体に飛ぶので、なるべく広い範囲を眺めるようにしよう。同日には、やぎ座α流星群の活動も極大になり、こちらの放射点は土星の近くにある。

7月下旬から8月中旬にかけては、この2つの流星群のほかにも複数の流星群が活動するので、全部合わせるとそれなりの数の流れ星が目にできそうだ。8月8日が新月、8月13日はペルセウス座流星群の極大と、この期間は流れ星観察に適しているので、ぜひ星空を見上げてみたい。