【2021年9月15日 星ナビ編集部】

取材レポート:安藤 宏

(「星ナビ」2021年10月号「News Watch」より抜粋)

7月5日(月)に大阪市中央区上町に「サイトロンジャパン大阪ショールーム」が誕生した。当面は完全予約制(電話:06-6765-7100/営業時間:月曜〜金曜および第1・3土曜、13〜17時/定休日:前述以外の土曜および日曜、祝休日、土曜営業の翌週の月曜)で、最大45分間の対応となる。基本的にはふらりと立ち寄るのはNGだが、直前に電話をして空いていればOKになる可能性もある。

望遠鏡だけでなくLAOWA、KamLanブランドなどラインナップが豊富で、星景写真で使ってみたくなるスペックのレンズも多い。総じて手の届きやすい価格帯なのもありがたい。Sky-Watcher VIRTUOSO(ヴィルトオーソ)シリーズも机の上にポンと置いてスマホやタブレット端末から専用アプリ(SynScan App)で操作する手軽さもあって気楽な星見を楽しめそうだし、双眼鏡も本格的な15×70から星見観測オペラグラス2×40や3×48、IS機構付き12×42や16×42まで様々なニーズに対応している。

サイトロンジャパン大阪
ドブソニアンや両持ち赤道儀など様々な用途に向けた架台や鏡筒がずらりと並ぶショールーム

実際に納得するまで手に取って試せるし、3日以上前の予約で要望があれば、大阪に展示されていないデモ機を東京の本社から運ぶことも可能とのことだ。全て試すのには45分では時間が足りないかもしれない。ぜひ何度も通って愛機を探してもらいたい。

星ナビ2021年10月号