【2021年11月9日 JAXA(1)/ (2)/(3)/(4)/JAXA YouTubeイベント配信チャンネル】

半年以上にわたる国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を終えた星出彰彦さんたち4名の宇宙飛行士を乗せた米・スペースX社の宇宙船「クルードラゴン(クルー2)」は、日本時間(以下同)11月9日4時5分にISSから離脱した。クルードラゴンは大気圏に再突入してパラシュートを展開し、12時33分に米・フロリダ州ペンサコラ沖に着水した。その後クルードラゴンは待機していた小型船2隻に曳航され、13時5分ごろに回収船へと引き上げられた。

クルードラゴンの回収
パラシュートを広げて着水し回収されたクルードラゴン(提供:JAXA/NASA)

その約20分後に宇宙飛行士が運び出され、3番目に搬出された星出さんは元気な笑顔とピースサインを見せた。

クルードラゴンから外へ出た星出さん
クルードラゴンから外へ出た星出さん(提供:JAXA/NASA)

今回のISS長期滞在は、星出さんにとって2008年と2012年に続く3度目の宇宙飛行だった。滞在中は、若田光一さんに次ぐ日本人2人目のISSコマンダー(船長)として、ISS全体のミッションの達成や全搭乗員の安全確保のための指揮をとった。また、袋型培養槽技術の実証、細胞生物学や高品質タンパク質結晶生成実験なども行った。

9月12日に実施した船外活動(EVA)では作業をリードする役割を担い、新型太陽電池アレイの架台の取り付けなどを実施した。このEVAで星出さんの船外活動時間は通算28時間17分となり、日本人の船外活動時間の最長記録(従来は野口聡一さん)を更新した。

船外活動を行う星出さん
船外活動を行う星出さん(提供:JAXA/NASA)

クルードラゴン宇宙船の2回目の実運用飛行だったクルー2のミッション期間は199日17時間44分で、有人カプセル型ミッションとしては米国宇宙飛行史上最長となった。

(Youtube動画)

星出さん搭乗のクルードラゴン地球帰還中継動画「TeamJAPANで宇宙のその先へ。星出宇宙飛行士ミッション応援プロジェクト 『帰還篇』」(提供:JAXA/NASA/Space X)