GOLDEX RACING TEAMのハリソン・ニューウェイ、第3戦は4番手を走るもピットで車両火災発生のために、無念のリタイア

 システム/アプリケーション開発事業やマルチ決済ソリューション事業の革新技術で日本の未来を創造するGOLDEX株式会社(本社・東京都品川区代表取締役社長坂本和也)は、昨年のマカオGPに引き続き、今年はアジアF3選手権および全日本スーパーフォーミュラ選手権においてB-Max with motoparkをスポンサードし、GOLDEX RACING TEAM with B-Max motoparkとして全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しております。
 
 チームはこのたび6月22日〜23日に宮城県・スポーツランドSUGOで開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦にハリソン・ニューウェイを起用し、また同日、三重県・鈴鹿サーキットで開催されたアジアF3選手権には若手の藤波清斗を起用して参戦いたしました。
 
 開幕戦から非凡な速さを見せているルーキー、ハリソン・ニューウェイは、ヨーロッパ的なレイアウトのスポーツランドSUGOをスーパーフォーミュラのマシンで走るのが初めてにもかかわらず、すぐにコースにも慣れ、金曜日のフリー走行から着実にマシンのセットアップを進めました。
 
 初日はタイム的には14番手に終わりましたが、予選、そして決勝を見据えたチェック作業も進められ、内容のある1時間となりました。土曜日の朝のフリー走行はウエット宣言が出されましたが、路面はほぼ乾いており、予選に向けてソフトタイヤのセットアップを中心に作業を進めました。
 
 しかし最後にタイムアタックをするものの順位的には15番手とふるわず、予選までの短い時間にエンジニアと最後のセットアップ変更にトライしました。
 
 今回の予選Q1はA組、B組に分かれて、それぞれ上位6台が予選Q2へと進出する方式です。気温23度、路面温度24度というコンディションのなか、ニューウェイは素晴らしいアタックを見せ、スーパーフォーミュラのベテラン勢を抑えて見事Q1を突破。自信に満ちた表情で予選Q2に挑みましたが、路面温度とセットアップがほんの僅か噛み合わず、残念ながら僅差でQ3進出はなりませんでした。
 
 しかしチームメイトのルーカス・アウアーがチームとして初のQ3進出。さらに予選3番手グリッドを奪い、決勝に向けてチーム全体の士気は高まることとなりました。
 
 日曜日の決勝レース。予選11番手からスタートしたニューウェイはソフトタイヤをチョイス。スタートから好ダッシュを見せて1周目には9番手に浮上し、2周目には6番手、5周目には5番手、そして6周目に早くも4番手までポジションをアップし、さらに上位を狙います。

 レースは序盤から速いペースで展開されましたが、ニューウェイは4番手をキープしたまま、作戦どおり50周目にピットイン。タイヤ交換と給油を済ませてコースに復帰しようとしたそのとき、給油口から漏れたガソリンが、高熱となっているターボチャージャーにかかって火が出てしまったのです。
 
 メカニックの迅速な消火作業で大事には至りませんでしたが、消火剤がエンジンの吸気口に入りエンジンがストップしてしまい、残念ながら無念のリタイアとなってしまいました。
 
 一方、B-Max Racing Team with motoparkとしては、チームメイトであるアウアーが予選3番手から快走をみせて3位初表彰台を獲得。チームの実力と速さを証明できた週末となりました。次戦の富士スピードウェイは、ニューウェイにとってアジアン・ル・マンシリーズのLMP2マシンでポール・トゥ・フィニッシュを飾った得意なサーキットでもあります。今大会の無念を晴らすべく、GOLDEX RACING TEAM with B-Max motoparkは万全の体制で第4戦富士スピードウェイへと向かいます。

■ハリソン・ニューウェイのコメント
「またしても厳しい週末になってしまいました。本来ならば予選もQ3に進出できるだけのスピードはあったはずです。決勝では序盤からソフトタイヤでできるだけ長く走り、そのポジションを4番手まで上げることに成功しました」

「実際には、途中からフロントウイングの左フラップがなにかの衝撃で外れてしまい、ひどいアンダーステアと闘いながらの走行でした。ピットイン中に火が出た時は、消火と再スタートの可能性を信じて、パニックにならないように、冷静にギリギリまでコックピットの中で我慢していましたが、チームから降りろという指示が出たので諦めました」

「続いて戻ってくるルーカスのピット作業の邪魔にならないよう、即座にマシンから飛び降りてメカニックとともに自分でマシンを後方に押し出しました」

「ルーカスが3位表彰台をチームにプレゼントしてくれたことが、僕にとってもチームにとっても大きな救いとなってくれた週末でした。ルーカスには心より祝福を贈りたいと思います」

「GOLDEX RACING TEAM B-Max motoparkが上位陣でバトルができる速さは約束どおり今回のスポーツランドSUGOで証明できました。次は僕の番です。次の富士では必ず表彰台に立ちたいと思っています。応援よろしくお願いします」

■GOLDEX株式会社代表取締役社長坂本和也のコメント
「ブロックチェーン技術を推進する我々にとってアジア地域は非常に大きなマーケットであり、GOLDEX RACING TEAM with B-Max motoparkとして全日本スーパーフォーミュラ参戦し、我々の企業イメージを高められていることを大変うれしく思っております」

「スポーツランドSUGOもヨーロッパ的なレイアウトのサーキットだけに、ハリソン・ニューウェイの活躍に個人的にも期待を寄せていました。予選は11番手でしたが、決勝レースでの彼の速さには眼を見張るものがありました」

「ピット作業中のマシンから火が出てしまい残念ながらリタイアとなりましたが、ハリソンを含め、メカニックやスタッフの方に怪我がなくて本当に良かったです」

「そしてB-Max with motoparkのルーカス・アウアーが3位初表彰台を獲得してくれたことが、我々にとって本当にうれしい出来事でした」

「我々、GOLDEX RACING TEAM with B-Max motoparkが、全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の舞台となる富士スピードウェイで注目の的となるようチーム一丸となって頑張りますので、是非、応援宜しくお願いいたします」