VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの2019年最終戦ニューキャッスル500が11月22〜24日に開催され、土曜レース1をシェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB)が、続く日曜シーズンフィナーレをジェイミー・ウインカップ(ホールデン・コモドアZB)が制し、レッドブル・レーシング・オーストラリア(RBRA)勢が2020年の逆襲を予感させる“パーフェクト・ウイークエンド”を達成した。

 2019年にデビュー以降、VASCを席巻するスピードを見せつけたフォードの新兵器『マスタング・スーパーカー』は、すでに第14戦サンダウン500でDJRチーム・ペンスキー、スコット・マクローリンの手でチャンピオンを獲得。マクローリンにとっても2018年のファルコンFG-Xに続きドライバーズタイトル連覇を果たし、年間最多勝記録も18に更新するなど記録ずくめのシーズンとなった。

 その陰で苦戦を強いられたホールデン・ファクトリーチームであるRBRA、トリプルエイト・レースエンジアリングは、この一大観光地で開催されるシリーズファイナルの市街地戦で一矢報いるべく、金曜から強力なペースを披露する。

 プラクティス、予選と“セブン・タイムス・チャンピオン”のウインカップがセッション最速の座を譲らず、レース1に向けたグリッドを確定するトップ10シュートアウトへ進出すると、チームメイトのSVGことシェーン-ヴァン・ギズバーゲンが予選暫定10番手から奇跡のアタックを敢行。

 その予選ではマシンセットに苦しみ、チーム18のマーク・ウインターボトム(ホールデン・コモドアZB)との勝負でからくも10番手タイムを記録してトップ10シュートアウト挑戦権を得たSVGは、ブレイクの間に大きくセッティングを変更。ウインカップの暫定予選ポールタイムを上回る1分10秒1747を記録し、宿敵マクローリンを退けて見事に週末最初のポールポジションを獲得した。

 すると土曜午後のレース1は、その優位性を活用したSVGが今季4勝目を達成。スタートではフロントロウに並んだ新王者のマクローリンにノーズ分ほどわずかに先行されるも、インサイドを守って首位を堅持し、そのロスをついた3番グリッドのウインカップも続き、RBRAの2台がワン・ツー・フォーメーションを形成する。


 しかし、ウインカップは攻めた戦略が災いし、95ラップのチェッカー時点で8位にまで後退。勝者SVGの背後には、マクローリンとファビアン・クルサード(フォード・マスタング)のDJRチーム・ペンスキー勢が続き、RBRAはチームチャンピオンシップでの貴重な追加点を逃す結果となった。

 続く日曜も前日と同様のフォーマットでの勝負が繰り広げられ、予選暫定ポールはティックフォード・レーシングのモンスタエナジー・フォード、キャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)が最速を記録する。しかし、トップ10シュートアウトでは前日の雪辱を期すウインカップが1分10秒5551と、土曜のチームメイトに続き最前列を確保した。

 これで視界が開けたウインカップは2019年シーズンの最後を飾る250km戦に挑むと、終日最速だった7冠王者のレッドブル・ホールデンは、戦略面でもギャンブル的要素を必要とせずポール・トゥ・ウインを達成。シーズン終盤に勢いを取り戻したウインカップが、94周のレースを制し今季5勝目。上がり2戦で4戦3勝と、2020年の逆襲劇を予感させるリザルトとなった。

 一方、前日もポイントを積み重ねたDJRペンスキー陣営は、この日もクルサードが2位、マクローリンが4位に入り、もうひとつのチャンピオンシップも獲得。マクローリン&ペンスキーがダブルタイトルを手にする結果となった。

「僕らにとっては、ドライバーズタイトル、チームタイトル、そしてバサースト1000制覇という“トリプル”を成し遂げたことになる。そのことを心から誇りに思うよ」と、盤石の強さを見せながら、政治的要素にも翻弄されたシーズンを振り返ったマクローリン。

「チームとしてもダブルタイトル獲得は初になる。確かに今季はマスタングにスピード面での優位性があり、少し特異なシーズンだったかもしれない。でも2020年も同じ状況が続くことはないだろう。でも、このチームは全員が団結し、改善し続けていく強さがある。もっと良くできると信じているよ」