スバル/スバルテクニカインターナショナル(STI)は1月10日、千葉県の幕張メッセで開催されている東京オートサロン2020で、2020年のモータースポーツ活動体制を発表。スーパーGT GT300クラスには引き続きスバルBRZ GT300を投入する。ドライバーは引き続き井口卓人と山内英輝のコンビだ。そのほかニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー選手権などにも参戦する。

 2019年シーズンも井口と山内のコンビでシリーズを戦ったスバルは、第3戦鈴鹿で3位表彰台、第7戦SUGOではポールポジションを獲得したものの、マシントラブルなどのアクシデントもあり優勝には届かず。ドライバーズランキングでも18位と苦戦を強いられた。

 必勝を誓う2020年シーズンに向けて、チームは搭載する水平対向エンジンの信頼性向上や燃焼効率改善のほか、シャシーと空力特性の最適化、タイヤ接地性向上といった多数のアップデートを施して臨む。

 ステアリングを握るのは2015年からコンビを組む井口と山内。チーム総監督は引き続き渋谷真氏が務め、チーム運営もR&D SPORTが担う。

「2019年シーズンは大変応援していただいたにも関わらず、重要な場面でリタイアを喫する場面が何度かありました」と語ったのは、スバルテクニカインターナショナル株式会社の平岡泰雄代表。

「今シーズンは、その原因を徹底的に追求し対策を施し、戦闘力を上げてレースに臨む覚悟で作業を進めています。2020年マシンについてはパワーユニットの信頼性向上および空力の見直し、シャシー性能の見直しなどを織り込み、確実にリタイアせず、勝てるレースは確実に獲り、ポイントを確実に獲り、シリーズ優勝を狙います」

 挑戦を開始した2008年から数えて、13年連続の参戦となるニュル24時間では、SP3TクラスにスバルWRX STI NBRチャレンジを投入する。2020年大会に向けては2019年にクラス優勝したWRX STIを上回る速さを追求するべく、空力の全面見直しや新サメ肌塗装処理、駆動系強化、ブレーキの最適化といった改良を施しているとのこと。

 チームはこの新型WRX STI NBRチャレンジでSP3Tクラス3連覇と2019年に獲得した総合18位を上回るリザルトを目指す。チーム総監督はSTIの辰己英治氏が担当、ドライバーはカルロ・バン・ダム、ティム・シュリック、山内、井口の4名が続投となった。

 全日本ラリーについても、引き続きサポートドライバーたちがスバルWRX STIで参戦を継続する。2020年はチャンピオンの新井敏弘のほか、勝田範彦、鎌田卓麻の3名に加え、新たに新井敏弘の息子である新井大輝もスバルからのサポートを受けて、シリーズを戦うことになった。

 全日本ラリーに関しては、各会場でスバル特約店からの選抜メカニックが競技車両メンテナンスサポートなども担当する。

 そのほかスバルBRZとトヨタ86によるワンメイクレース『GAZOO Racing 86/BRZ Race』については、各イベントにSTIがサービスチームを派遣し、スバルユーザーのサポートを行う。