2020年シーズンのスーパーGT500クラス、そしてスーパーフォーミュラなどの参戦体制を発表したホンダは、1月10日に東京オートサロンにて『2020 SUPER FORMULA/SUPER GTキックオフミーティング』と題し、ファンへのお披露目を主体としたイベントを行った。スーパーフォーミュラ、GT500クラスのドライバーと監督が出席し、2020年シーズンに向けて意気込みを語ったなかで、チーム監督も登壇したGT500クラスのコメントをお届けする。

 すでに報じられている通り、2020年よりホンダは新しいクラス1規定に準拠したFR化したホンダNSX-GTを5台投入する。2020年シーズンは全5チーム中、4チームがドライバーラインアップを変更し、ルーキーを3名起用することになった。

 まずは8号車のARTA。このチームには、2019年にGT300クラスでタイトルを獲得した福住仁嶺が加わった。福住はGT500クラス参戦について「非常にプレッシャーが大きいです」と語ったものの、今年はいっそう自分にプレッシャーをかけてやっていきたいという。

「2019年はGT300クラスでチャンピオンを獲らせていただき、2020年はGT500クラスでまた(鈴木)亜久里さんのもとで走らせてもらうことになったので、亜久里さんに怒られないように、でも自分にもっとプレッシャーをかけつつ、きちんとレースができるように頑張っていきたいです」

 続いてTEAM MUGENは、武藤英紀のチームメイトに笹原右京が新たに加入。中野信治監督は笹原について、「どれくらい暴れてくれるのか楽しみにしています」と期待を寄せる。その一方で武藤は、笹原と直接話をしたのは「まだ数回あるかないか」程度だと明かした。

「年末に少し(笹原と)電話で話をさせてもらいました。真面目な性格で、いい人そうです。早く会いたいのですが、どこに行っているのか……(苦笑)」

 この週末はドバイで開催されているアジアンF3に出場するため、笹原はイベントを欠席。武藤と顔を合わせることはできなかったが、中野監督は信頼を寄せるこのふたりのコンビで2020年をどう戦っていくのか注目だ。

 そしてホンダ陣営のなかで唯一ドライバーラインアップに変更がなかったのが、KEIHIN REAL RACINGだ。塚越広大とベルトラン・バゲット、そして金石勝智監督という3人には安定感があるという話題が上がったが、金石監督からは「僕が不安定だからいつもダメで……(苦笑)」と、関西人らしいボケでファンの苦笑を誘う。

「一番言いたいことを言われるのが、移動のレンタカーのなかです。僕、ボロクソに言われているなって……(笑)。いじられまくっているんです」と金石監督。ここで「なあ広大?」と金石監督が塚越に話を振ると、塚越は「レースに向けてどうすれば勝てるのかという大事な話を、サーキットだけでなく常に僕ら3人で話しています!」と監督をフォローするチームワークの良さを見せた。

 その塚越もこのチームで12年目のシーズンを迎え、「2019年の前半は苦しみましたが、後半戦はチームの速さと強さがありました。それを2020年の新しいクルマに反映して、ホンダとともにチャンピオンを獲れるようにしたいです」とチームを引っ張っていく意志を示した。

■「これまで組んだどのドライバーとも優勝しているので、今年も1勝を」

 Modulo Nakajima Racingは2020年もドライバーラインアップを変更し、伊沢拓也とルーキーの大津弘樹を擁してシリーズを戦うことになる。

 過去2シーズンをGT300クラスで過ごした大津は、「(チームメイトだった)道上(龍)さんからいろいろなことを教えてもらい、貴重な2年間を過ごさせてもらったので、それまでの経験も活かして活躍できるように精一杯頑張ります」とコメント。

 その道上もかつてはナカジマレーシングに所属。中嶋悟総監督の好みの食べ物なども道上に聞いた方がいいのでは、と話を振られた大津は「そうですね。聞いておきます」と即答。

 ところが中嶋総監督は「今そういう話する?」と、MCのピエール北川氏に鋭い視線を見せる。「いえ、あの……場を和ませようとしただけですので……」と、さすがのピエール北川氏もヒヤリとするような、ステージ上でまさかの温度差(?)が出ることに。

 一方、ベテランとしてチームを引っ張る伊沢は「今まで組んできたドライバー全員と優勝を挙げています。プレッシャーではありませんが、2020年は大津選手とともに1勝挙げたいなと思います」と明かし、新天地での優勝を誓った。

 最後は、2020年は山本尚貴と牧野任祐という強力なタッグで再びチャンピオンを目指すことになるTEAM KUNIMITSUだ。2019年シーズンは悔しい思いをしたという山本だが、意外なことにスーパーGTでは自分より年下の選手とコンビを組むのはこれが初めてだという。

「実は、年上の先輩としか組んだことがなかったんです。スーパーGTでは今年は初めてなので、年下の選手とどう接したらいいのかまだわかりません(笑)。これからはどちらかというとチームを引っ張っていかないといけない存在なので、また新しいチャレンジになるなと思います」

 これについて牧野が「新しい息子が増えたようなもんですかね?」と言うと、山本が「僕のふたりの娘はもうちょっとお利口さんだと思います(笑)」と答え、会場の詰め掛けた大勢のファンを笑わせる一面もあった。

 その牧野はGT500クラスで2年目を迎える。「TEAM KUNIMITSUという新しい環境で走らせてもらうのですが、TEAM KUNIMITSUのみなさんと山本選手と力を合わせて、(カーナンバーの)100番を1番に戻せるように頑張っていきたいと思います」とタイトル獲得に向けて意気込んだ。

 この日は平日にも関わらず会場には多くのファンが集まり、2020年シーズンに向けて大いに盛り上がった。3メーカーによる激戦必至のGT500クラスにおいて、今年のホンダNSXのパフォーマンスだけでなく、ドライバーコンビの相性にも注目してみたい。