北米が誇るクロスカントリーモデルの雄、『ジープ・ラングラー』のラインアップ中でも最強のオフロード性能を誇るRubicon(ルビコン)の、ショートホイールベースとなる2ドアモデル『Jeep Wrangler Rubicon(ジープ・ラングラー・ルビコン)』が日本初上陸。限定100台の導入で、2月8日より発売が開始される。

 伝統のラダーフレームを守りながら、ダウンサイジングターボの採用など、より現代的に洗練された技術構成を持って登場した最新のJL型『ジープ・ラングラー』は、第40回2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出され、秀でたデザインやドライブフィールなどを持つクルマに贈られるエモーショナル部門賞も獲得した。

 そんなジープ・ブランドの本格オフローダーとして君臨するラングラーのシリーズ中、オフロード性能を高める数々の専用装備を備えたハードコアモデルとして知られるRubicon(ルビコン)に、通常は設定のない2ドアモデルが限定車として導入された。

 シリーズ随一の際立った悪路走破性を誇る同モデルは、4ドア同様に卓越した駆動力を生み出すロックトラックフルタイム4×4システムや、悪路でフロントアクスルの動きを任意に拡大させられる電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム、車体や機関部品を保護するロックレールおよびスキッドプレートなどを搭載し、厳しい環境下においても圧倒的な走行性能を発揮。

 その上で、2ドアモデルはホイールベースが2460mmと短く、ロックセクションなどにおいても路面干渉のリスクが軽減されるディメンション上の優位点を持つほか、最小回転半径も5.3mmと小さく、日常の取り回しや木々の間を縫って走るような状況下でも抜群のフットワークを実現している。

 一方、装備は4ドアモデルと基本的に共通で、フロントシートヒーター付のレザーシートや、レッドカラーのインストルメントパネル、フェンダーフレアなどにより、高い快適性とルビコンならではの個性が融合。

 またクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報や、STOP機能付アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、安全な車庫入れを支援するParkviewリアバックアップカメラなど、充実した安全装備も備えている。

 用意されるボディカラーは、スティンググレーC/Cが40台、ヘラヤライエローC/Cは60台となり、いずれも内装色はブラックとの組み合わせ。価格は589万円となっている。

公式サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-rubicon.html