ルノー・ジャポンは2月14〜16日にインテックス大阪で開催される『第24回 大阪オートメッセ2020』において『ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR』を、関西地区で初めて展示すると発表した。

 メガーヌR.S.トロフィーRは、2019年シーズンまでルノーF1チームでレギュラードライバーを務めたニコ・ヒュルケンベルグが開発を担当し、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでは7分40秒100を記録して量産FF車最速となったマシンだ。

 その後は、日本の鈴鹿サーキットでもタイムアタックを行ったメガーヌR.S.トロフィーR。こちらでも量産FF車最速タイムの2分25秒454というタイムをマークしている。

 そんなメガーヌR.S.トロフィーRが、大阪オートメッセに出展される。関西地区でメガーヌR.S.トロフィーRが展示されるのは初となるということなので、同地区で量産FF車最速マシンを見られるチャンスだ。

 2月14(金)、15(土)、16日(日)に開催される大阪オートメッセ2020、入場券は各プレイガイドで前売り2100円で発売中。イベントの詳細は公式サイト(https://www.automesse.jp/)まで。

 ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRの詳細はルノー公式ホームページ(https://www.renault.jp/car_lineup/megane_rs/trophy-r/index.html)まで。