2月16日、ニッサン/ニスモは神奈川県横浜市にある日産自動車グローバル本社ギャラリーで『日産モータースポーツファンイベント』を開催し、2020年にニッサンGT-RニスモGT500で参戦するドライバーのラインアップを改めてお披露目するとともに、各チームの陣容を発表した。

 クラス1規定に準拠した2020年モデルのニッサンGT-RニスモGT500でスーパーGT GT500クラスに挑むニッサン/ニスモ陣営は、今季も4チーム4台から参戦。新規定に対応したニューマシンの開発を進め、新エンジン『NR20B』とともに、1月に開催されたマレーシア・セパンでのテストでも順調な仕上がりをみせていた。

 すでに2020年のドライバーラインアップについては、1月の東京オートサロンでお披露目されていたが、この日は毎年恒例の日産自動車グローバル本社ギャラリーでのイベントにあわせ、改めて4チーム8名のドライバーが、2020年のレーシングスーツを着用して集結。同時に、2020年のチーム体制・車名が紹介されたほか、カラーリングも公開された。

 また、今季も総監督はニスモの松村基宏COOが務めるとともに、本山哲とミハエル・クルムがエグゼクティブアドバイザーを務め、4台の競争力アップに尽力することになった。特に本山は「比較的若いチーム(ニスモ片桐社長)」であるNDDP RACING with B-MAXの監督補佐を務めるという。

 今季に向けて、ニスモの片桐隆夫社長は、詰めかけたファンに向けて改めてドライバーが紹介されるとともに、2020年モデルのMOTUL AUTECH GT-Rのカラーリングをまとった姿が公開され、「カラーリングの印象はそれほど変わっておりませんが、まったくの新車であり、DTMとの共通レギュレーションをニッサン/ニスモとして煮詰めました」と説明した。

「今年こそシリーズチャンピオンを奪還するため、開幕戦に向けて最大限の開発を進めております。チーム全員の情熱とファンのみなさまの熱い声援を力に変え、参戦、サポートする全シリーズで熱い戦いを披露したいと考えております」

「全力で取り組んでまいりますので、引き続きみなさまのご支援、そしてご声援をどうぞよろしくお願いいたします」

 この日は、ドライバー全員が顔をそろえ、2020年の開幕に向けて、ファンの前で必勝を誓った。


ニッサン/ニスモ
2020年スーパーGT GT500クラスチーム体制
NoTeamCar NameDriverTyre3NDDP RACING with B-MAXCRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平/千代勝正MI12TEAM IMPULカルソニックIMPUL GT-R佐々木大樹/平峰一貴BS23NISMOMOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリMI24KONDO RACINGリアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠/ヤン・マーデンボローYH