スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、2020年の全8戦における各大会の最大決勝出走台数について発表した。8戦のうち5戦で45台、タイ戦は42台、今季からカレンダーに復帰するセパンとスポーツランドSUGOでは43台となっている。

 毎年多くのエントリーを集めているスーパーGTでは、スポーティングレギュレーションの付則-1『競技会告知』第2条の競技会特別事項にしたがい、競技会ごとにオーガナイザーから最大決勝出走台数が告知される。

 2020年については、第1戦〜第3戦、第7戦〜第8戦は、スポーティングレギュレーションでシリーズに参加できる総台数と定められている45台が出走可能。第4戦タイは42台、第5戦セパン、第6戦SUGOは43台となっている。ただし、タイ、セパンではワイルドカード参戦があった場合、ここから増える可能性もある。

 これと同時に、スポーティングレギュレーションの『レースシリーズ参加規定 8.公式登録基準』に定められたシード権チームも発表されている。シード権があるチームは、台数が最大決勝出走台数が定められているレースでも決勝出走が可能になるなどの特典がある。

2020スーパーGT 最大決勝出走台数
第1戦 岡山大会:45台
第2戦 富士大会:45台
第3戦 鈴鹿大会:45台
第4戦 タイ大会:42台(予定・現地特別参加を除く)
第5戦 セパン大会:43台(予定:現地特別参加を除く)
第6戦 菅生大会:43台
第7戦 オートポリス大会:45台
第8戦 もてぎ大会:45台

2020スーパーGT シード権一覧
●Aシード
・GT500クラス:15エントラント
37 TGR TEAM KeePer TOM'S
23 NISMO
38 TGR TEAM ZENT CERUMO
39 TGR TEAM SARD
3 NDDP RACING with B-MAX
17 KEIHIN REAL RACING
36 TGR TEAM au TOM'S
100 TEAM KUNIMITSU
8 ARTA
19 TGR TEAM WedsSport BANDOH
64 Modulo Nakajima Racing
24 KONDO RACING
12 TEAM IMPUL
16 TEAM MUGEN
14 TGR TEAM WAKO'S ROOKIE

・GT300クラス:18エントラント
55 ARTA
96 K-tunes Racing
4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
11 GAINER
56 KONDO RACING
65 K2 R&D LEON RACING
88 JLOC
87 JLOC
60 LM corsa
52 埼玉トヨペット Green Brave
10 GAINER
34 Modulo Drago CORSE
61 R&D SPORT
7 BMW Team Studie × CSL
18 TEAM UPGARAGE
21 Audi Team Hitotsuyama
25 HOPPY team TSUCHIYA
5 TEAM MACH

●インターナショナル枠
・GT300クラス:2エントラント
33 X Works
35 Panther arto Team Thailand

●Bシード
・GT300クラス:7エントラント
9 PACIFIC D'station Racing
31 apr
2 Cars Tokai Dream28
50 Arnage Racing
360 TOMEI SPORTS
48 NILZZ Racing
30 apr

●Cグループチーム
・GT300クラス:3エントラント
22 R'Qs MOTOR SPORTS
6 ADVICS muta Racing INGING
244 Max Racing