3月18日、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、4月11〜12日に岡山県美作市の岡山国際サーキットで予定されていたスーパーGT第1戦『たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE』について、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開催を延期すると発表した。代替開催時期については、ウイルス感染拡大の収束状況により決定される。

 世界中で猛威を振るい、多くのモータースポーツイベントが中止や延期に追い込まれている新型コロナウイルス感染症。その影響が、日本で最も来場者が多いスーパーGTにも及んでしまった。3月18日、GTアソシエイションは2020年の開幕レースである第1戦について、延期を正式に発表した。

 3月14〜15日に無観客開催で行われていた公式テストの段階では、まだ開催延期はエントラントにも正式にアナウンスされていない状況だっただけに、この延期決定に関してはGTA、サーキットで協議が進められていたと推測されるが、新型コロナウイルスにおける日本政府の対策基本方針決定、感染の拡大状況から来場者、競技関係者の健康と安全を考慮し、延期が決定したとされる。

 代替開催の日程については、感染拡大の収束状況などを考慮した上で決定する。現段階ではまだアナウンスはない状況だ。なお、チケット払戻の詳細等は、岡山国際サーキット公式ホームページ(http://www.okayama-international-circuit.jp/)等で案内される。

 なお、併催予定だった2020 FIA-F4選手権第1戦/第2戦、ポルシェカレラカップ・ジャパン第1戦/第2戦も同時に延期が発表されている。