F1の元最高権威者バーニー・エクレストンと妻ファビアナさんの間に第一子が誕生することが分かった。今年の夏に男の子が誕生すると本人が認めたと伝えられている。

 89歳のエクレストンは、F1の役割から離れ、現在ブラジルの農園で、新型コロナウイルス感染のリスクを避けて暮らしている。友人でジャーナリストのロジャー・ブノアがこのニュースを伝えた後、エクレストンはそれが事実であることを認めた。

「夏の予定だ。彼には早くバックギャモンを覚えてもらいたいものだね」とエクレストンは『BLICK』に対してコメントしている。

「長い隔離生活になったとしても、ファビアナと暮らし、すべてがうまくいくことを願っている。幸い農場ではやることがたっぷりある。ファビアナは自分のコーヒー農園の仕事もあるのだ」

 エクレストンはファビアナさんと結婚する前に2回結婚しており、3人の娘がいる。ファビアナさんとは、共通の友人を通して知り合った後、2012年に結婚した。

 46歳ブラジル出身のファビアナさんは、「親なら誰でもそうであるように、私たちの願いもひとつだけ。子供が健康に生まれてくることです」とコメントした。

「夫がF1で何かをしたいと言い出さないことを願っています……」