マクラーレンF1のチーム代表アンドレアス・ザイドルは、2021年に新たに加入するダニエル・リカルドをナンバーワン扱いするつもりはないと断言した。

 リカルドは今季末にルノーを離れ、マクラーレンへと移籍する。フェラーリ入りするカルロス・サインツJr.の後任となり、ランド・ノリスとコンビを組むことになる。

 171戦に出場した経験を持つリカルドは、これまで7勝を挙げている。だがザイドルは、今年F1参戦2年目のノリスよりリカルドを無条件で優先するつもりはなく、両者を平等に扱っていくとしている。

「私がチームのトップである限り、シーズン開幕の時点でどちらかをナンバーワンにするということはない」とザイドルは『Sky F1』に対して語った。

「我々のように、先に長い道のりが控えている者には、同等の力を持つふたりのドライバーが必要だ。2019年のカルロス・サインツJr.とランド・ノリスがそうだ」

「ランドとダニエルもまた、素晴らしいペアになる。スポーツ面だけでなく、マクラーレンというブランドを代表する者としてもだ」

 リカルドとノリスはどちらも屈託のない性格であり、現在のサインツJr.とノリスのように、チームに楽しく明るい雰囲気をもたらすものと予想される。一方で、いずれも優秀なドライバーであり、ふたりのチームメイトバトルは面白いものになりそうだ。

 ノリスはリカルドとガレージを共有する来年が楽しみだと語った。。

「来年は良いシーズンになりそうだね! 楽しみだ」とノリスは『Racer』に述べている。

「この数年の付き合いのなかで、一緒に笑い合ったことが何度かある。彼はとてもいい人なんだ。うまくやっていけるよ」

「まだ今シーズンが残っている。まだ始まってもいないけれど、良い形で終えることができるよう、カルロスと僕で努力していくつもりだ。来年の新しいスタートや今までとは違うチャレンジについて考えるのは、それからだ」

「でもダニー(リカルド)をチームメイトとして迎えることを楽しみにしている。彼は何度も優勝した経験がある。オーストラリア人だから、きっと楽しくなるよ!」