ピレリスーパー耐久シリーズは6月10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で序盤戦が延期となっていた2020年の開催スケジュールについて発表した。開幕戦は9月の富士24時間で、2021年1月に鈴鹿サーキットで開催されるレースまで全6戦が予定されている。

 多くのクラスのレーシングカーが集い、近年非常に多くのエントリーを集めているスーパー耐久。ただ、2020年は第1戦鈴鹿から延期となっており、6月10日、新たに変更されたカレンダーが発表されることになった。

 7月30日にはまず富士スピードウェイで公式テストが行われる予定で、こちらは夜間走行も実施予定。シリーズの開幕は9月4〜6日に予定されている富士24時間で、10月にスポーツランドSUGO、11月に岡山国際サーキットとツインリンクもてぎ、さらに12月にオートポリスでレースを予定する。

 また当初、サウンド・オブ・エンジンの日程に延期されていた鈴鹿サーキットのレースだが、新たに2021年の1月にレースを開催することになった。日本のモータースポーツ界では年またぎのカレンダーは非常に珍しいケースとなる。

「2020年は開幕から延期を余儀なくされ、ファンの皆さま、ドライバー、チーム、関係者の皆様には、大変ご心配をおかけいたしました。このような状況下でも、何とかシリーズを成立させることに注力をしてまいりたいと存じます」

「このたび、やっと皆さまにスケジュールを公表できましたが、慎重に運営していかなくてはならない、とより一層気を引き締めてまいりたいと存じます。運営方法や移動方法等を工夫し、万全な感染防止対策を行い、お客さま、ドライバー、チーム、関係者、オフィシャル、施設関係者の安全を第一に実施してまいります」と語るのは、スーパー耐久機構の桑山晴美事務局長。

「開催にあたりましては、主催者である各サーキットと協力のもと、新型コロナウイルス感染対策を施し、お客さまをお迎えする予定です。2020年シーズンは、全6戦中5戦のシリーズポイントを有効といたします。カレンダー変更によるドライバー、チームの負荷軽減のため、またチームが出場レースを選択できる規則に変更することで、移動リスクの軽減やサーキット場内での感染リスク等を分散することができると考えております」

「新型コロナウイルス感染症の大きな影響により、YouTube LIVE『S耐TV』などのプロモーションは、規模を縮小し、一部の大会のみの配信予定であることをご理解ください。また今年より、ポジショニングライトの全車義務付けを進めておりましたが、チームへの経済的負荷軽減のため2020年シーズンは見送らせていただきます」

「富士24時間大会が無事に開催され、皆さまの心に残る一戦からシリーズがスタートできるよう、また、このように状況下でもスーパー耐久シリーズとして気持ちをひとつにし、モータースポーツ文化をさらに発展させることができるよう、スタッフ一同、尽力いたします」

ピレリスーパー耐久シリーズ2020
開催スケジュール ※JAF 申請済み
公式テスト 7/30 (木)      富士スピードウェイ ※夜間走行も実施予定
第1戦    9/4(金)〜6(日)  富士スピードウェイ(24H)
第2戦 10/10(土)〜11(日)   スポーツランドSUGO(3H)
第3戦 10/31(土)〜11/1(日)  岡山国際サーキット(3H)
第4戦 11/21(土)〜22(日)   ツインリンクもてぎ(5H)
第5戦 12/12(土)〜13(日)   オートポリス(5H)
第6戦 2021年1/23(土)〜24(日) 鈴鹿サーキット(5H)