6月16日、アウディジャパンはコンパクトスポーツクーペ『アウディTTクーペ』をベースとし、クワトロ誕生40周年を記念した『アウディTTクーペ S line competition(Sラインコンペティション)』を限定150台で発売した。

 アウディにとって2020年はスポーツクーペ『アウディクワトロ』が1980年に誕生して以来、実に40年目にあたる。今回発表されたSラインコンペティションはそれを記念し、アウディ独自の4WDシステム『quattro(クワトロ)』を搭載したアウディTTクーペ 45TFSIクワトロがベースにされている。

 このクワトロ誕生40周年を記念した限定モデルは、アウディTTクーペをよりスポーティかつ個性的に仕上げたもの。本来はオプションであるスポーティな『Sラインパッケージ』が標準で装着され、Sラインロゴやスポーツサスペンション、スポーツシートなどが装備された。

 また、シートヒーターやリヤビューカメラといった人気アイテムが揃う『コンフォートパッケージ』に加え、黒がアクセントにされた『ブラックスタイリングパッケージ』も標準装備となった。

 さらにSラインコンペティションの特別装備として、エクステリアにはRSリヤスポイラーやアンスラサイトブラックのAudi Sport製5アームポリゴンデザイン19インチアルミホイールを採用。これにレッドのブレーキキャリパーが組み合わされる。

 インテリアでは、ドアアームレストやセンターコンソールがレザー仕様となり、ボディカラーによってレッドまたはブルーのコントラストステッチが配されるという。

 そんなアウディTTクーペ Sラインコンペティションのボディカラーはタンゴレッドメタリック、ターボブルー、グレイシアホワイトメタリックという3色が設定され、計150台限定で6月16日より車両価格689万円(税込)で発売が開始されている。詳細はアウディジャパンの公式ホームページ(https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/special_offer/limited_edition/tt_coupe_sline_competion.html)まで。