ドイツを中心に争われている人気のGT3レースであるADAC GTマスターズが、7月31〜8月2日にラウジッツリンクで開催予定の開幕戦に向けて、プレエントリーリストを発表した。今季はベントレーが復帰し、ドイツメーカーを中心に8ブランドのGT3マシンと、トップクラスのドライバーによる競演が実現する。

 ADAC GTマスターズは、ドイツの各サーキットを中心にオーストリア、オランダを舞台に争われているGT3カーのレース。ニュルブルクリンク24時間やスパ24時間にも挑戦するチームが主戦場としているのがこのシリーズだ。

 現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大型イベントの開催規制を行っているドイツだが、「7ラウンド14戦を開催するうえで、ウイルス感染拡大防止のためのセキュリティ計画を確立した」とADACスポーツプレジデントのヘルマン・トムチックが述べるように、ドイツのVLNニュルブルクリンク耐久シリーズに代表されるような衛生・安全面を十分配慮し、独自のガイドラインを作成しており、当面は無観客レースとなるほか、チームやオフィシャル関係者の参加を最小限に減らすなどの対応策をとる。

 2020年シーズンに向けてトムチックは「ADAC GTマスターズは、非常に興味深いドライバーラインアップを誇り、ヨーロッパで最強のGTレーシングシリーズのひとつとしての役割を担っている。過去数ヶ月に渡るコロナ禍の厳しい状況ではあるが、エントリーリストを見る限り、過去最高基準ともいえるレベルのドライバーやチームが集まった」と誇った。

「8メーカーのマシンに、25人以上のプロまたはファクトリードライバーのほか、才能あふれる若手育成ドライバー、そして有能なプライベートドライバーも多数乗り込むことを喜ばしく思う」

 今季の参戦チームの内訳をみると、ドイツのみならず近隣のオーストリア、ベルギー、チェコの20チーム33台がエントリーをしている。車種別では、アウディR8 LMSが昨年に続き圧倒的な人気を誇り14台がエントリー。次いでメルセデスAMG GT3が6台、ポルシェ911 GT3 Rが4台、BMW M6 GT3が3台、ランボルギーニ・ウラカンGT3が3台参加する。フェラーリ488 GT3、ベントレー・コンチネンタルGT3、キャラウェイ・コルベットC7 GT3-Rがそれぞれ1台だ。

■国際色豊かなドライバーラインアップ
 ドライバーの出身国籍も、欧州各国を中心にオーストラリア、南アフリカを含む13ヶ国と国籍色豊かなラインアップとなっている。また注目ドライバーも多い。クース・チーム75ベルンハルトから参戦するポルシェワークスドライバーのシモーナ・デ・シルベストロは、インディカーやザウバーのF1テストドライバー、フォーミュラEへの参戦、V8スーパーカーなど数多くのカテゴリーを経験した持ち主で、今季から本格的にGTマシンのキャリアを築くとともに、フォーミュラEではポルシェのテスト/開発ドライバーを務める。

 また、昨年までBMWからDTMに参戦していたジョエル・エリクソンは、実兄で元GT2ドライバーのジミーがザクスピードのメルセデスAMG GT3をドライブするため“兄弟対決”が実現するなど、各ドライバーの経歴も興味深く、FIAドライバーカテゴライズのプラチナ所有者が11名も参戦するというハイレベルのドライバーラインアップで、例年以上の激しい戦いが予想される。

 一方で、スーパーGT GT300クラスにAudi Team Hitotsuyamaからフル参戦を予定していたクリストファー・ミースだが、現在は新型コロナウイルスの影響で日本に渡航できずにいる。ADAC GTマスターズにも強豪ラント・モータースポーツからシリーズエントリーしているが、10月3〜4日の富士と11月7〜8日のツインリンクもてぎがADAC GTマスターズと重なっているほか、10月24〜25日の鈴鹿とスパ24時間がバッティングしている。

 ミース自身の今季のスケジュールは、現在のところ日本の活動が優先とされているが、今後の渡航制限や欧州レースの日程によってミースが来日不可能となった場合は、スケジュール調整が行われるとのことだ。

 今季は新型コロナウイルスの影響で国外レースを縮小し、ラウジッツリンクでの7月31日〜8月2日開催の開幕戦を皮切りに、ADAC GTマスターズはドイツ国内を中心に、オーストリアのレッドブルリンクやオランダのザントフールトを転戦し、7ラウンド14戦が行われる予定だ。すべてのレースはドイツのスポーツ無料放送のSport1で生放送されると同時に、オフィシャルライブストリーミングでも視聴が可能となっている。

ADAC GTマスターズ 2020年レースカレンダー
7月31日〜8月1日  ラウジッツリンク(ドイツ)
8月14日〜8月16日  ニュルブルクリンク(ドイツ)
9月18日〜9月20日  ホッケンハイムリンク(ドイツ)
10月2日〜10月4日  ザクセンリンク(ドイツ)
10月16日〜10月18日 レッドブルリンク(オーストリア)
10月30日〜11月1日 ザントフールト(オランダ)
11月6日〜11月8日  オッシャースレーベン(ドイツ)

ADAC GTマスターズ 2020年プレエントリーリスト
NoTeamCarDriver3アウスト・モータースポーツアウディR8 LMSM.ハックランダー/N.ロジブィ4アウスト・モータースポーツアウディR8 LMSH.フォン・ダンウィッツ/TBA7HBレーシングフェラーリ488 GT3エボTBA/TBA8ルートロニック・レーシングアウディR8 LMSD.マルシャル/C.シュライナー9シューベルト・モータースポーツBMW M6 GT3A.リード/J.エリクソン10シューベルト・モータースポーツBMW M6 GT3J.スクォーグ/N.イェロリー/E.ヨハンソン11EFPカー・コレクション・バイ・ティースアウディR8 LMSE.エルハート/P.カッファー12EFPカー・コレクション・バイ・ティースアウディR8 LMSF.シュペングラー/M.ウィンケルホック14MRS GTレーシングBMW M6 GT3M.ズーグ/J.クリングマン17クース・チーム75ベルンハルトポルシェ911 GT3 RS.デ・シルベストロ/K.バハラー18クース・チーム75ベルンハルトポルシェ911 GT3 RD.ヤーン/J.フィッツェ19GRTグラッサー・レーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3エボC.シュミット/N.ラグランジュ20チーム・ザクスピードBKKモービルオイル・レーシングメルセデスAMG GT3エボD.ボコラッチ/TBA21チーム・ザクスピードBKKモービルオイル・レーシングメルセデスAMG GT3エボD.ケイルウィッツ/J.エリクソン22トクスポーツWRTメルセデスAMG GT3エボM.エンゲル/L.シュトルツ25BWTミュッケ・モータースポーツアウディR8 LMSM.ベックフーゼン/I.ワリルコ26BWTミュッケ・モータースポーツアウディR8 LMSS.ミュッケ/R.フェラー28モンタプラスト・バイ・ラント・モータースポーツアウディR8 LMSM.ホファー/C.ハーゼ29モンタプラスト・バイ・ラント・モータースポーツアウディR8 LMSK-L.シュラム/C.ミース30チームWRTアウディR8 LMSTBA/TBA31ルートロニック・レーシングアウディR8 LMSP.ニーダハウザー/K.ファン・デル・リンデ32チームWRTアウディR8 LMSTBA/TBA33チームISRアウディR8 LMSF.サラカルダ/F.スティップラー36シュルツ・モータースポーツメルセデスAMG GT3TBA/TBA47HTP-ウィンワード・モータースポーツメルセデスAMG GT3エボI.ドンヘ/M.ゲーツ48HTP-ウィンワード・モータースポーツメルセデスAMG GT3エボP.エリス/R.マルチェッロ63GRTグラッサー・レーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3エボF.ペレラ/A.コスタ71T3モータースポーツアウディR8 LMSM.ポール/N.ランゲベルト72T3モータースポーツベントレー・コンチネンタルGT3C.ショール/TBA77キャラウェイ・コンペティションコルベットC7 GT3-RJ.シュミット/M.ポマー82GRTグラッサー・レーシングチームランボルギーニ・ウラカンGT3エボT.ジマーマン/S.ショトホルスト92SSRパフォーマンスポルシェ911 GT3 RC.エンゲルハルト/M.アマーミューラー99プレコート・ヘルベルス・モータースポーツポルシェ911 GT3 RS.ミューラー/E.レナウアー