2020年にSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権こと、TCRスカンジナビア・シリーズ復帰参戦を決めたLestrup Racingは、シーズンラウンチを開催して今季投入する2台のフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのカラーリングを公開した。北欧シリーズ初挑戦となる2012年WTCC世界ツーリングカー選手権王者ロブ・ハフのチームメイトには、複数年チームに所属する若手有望株オリバー・セーデルシュトレームが起用されうこともあわせてアナウンスされている。

 チームとは長年のパートナーであるストックホルムのフォルクスワーゲン・ディーラーにて実施されたお披露目イベントには、今季からチームに加入する元世界王者も姿を見せ、イメージカラーであるホワイト×ブルーの爽やかなスキームを採用した2020年版フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRの2台が披露された。

「この新しいデザインスキームとカラーリングには本当に満足している」と語るのは、自身もレーシングドライバーである現チーム共同創業者のフレデリック・レストラップ。

「新しいルックスのマシンを発表する場というのは、いつだってシーズンが近づいていることを示す兆候であり、今季は例年以上に長い休暇を経て、ついに開幕の日を迎えることになる。これは本当に素晴らしい気分だね」

「このデザインは、以前(2018年まで参戦したSTCC)のものに加えて、2019年の耐久レースシーンでも採用したスキームをともに解釈し融合させたものだ。素晴らしい仕上がりで本当に気に入っているよ」

 発表会に向け、この1週間をスウェーデンで過ごしたハフは、7月2日から開始されるゲラーローゼン・アリーナでのシリーズ公式テストを前に「新鮮な気分」で新カラーのマシンと対面することとなった。

「長くゴルフのGTI TCRをドライブしてきたけど、これは本当に印象的なデザインで、2012年のチャンピオンシップ優勝マシン(シボレー・クルーズWTCC)を思い出させるね」と、上機嫌で語ったハフ。

■「ロブから学ぶことはたくさんある」

「すでに今週後半からの初テストに向けて、チームとともに5日間の準備を続けてきたが、これまで目にしてきたものすべてに感銘を受けた」

「自宅で過ごした数カ月間を経て、ふたたびレーシングカーのコクピットに戻ってステアリングを握り、夢中になれる瞬間を心から楽しみにしている」

 一方、2018年はチームとともにSTCCデビューを果たし、2019年はBMWでGT4スカンジナビアに参戦した21歳のセーデルシュトレームは、今季初めにドバイで開催されたTCRの24時間耐久でフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのステアリングを握り、ポールポジションと表彰台を獲得している。

「ふたたびドライブを再開できるのは最高の気分だし、好成績のまま終われているところからまた物事を始めるのは、悪いことじゃないよね」と語ったセーデルシュトレーム。

「ロブから学ぶことはたくさんあるし、彼やチームと一緒にドライバーとして次の一歩を踏み出せることを願っている。目標はSTCCでのジュニアタイトルと複数回の優勝だね」

 一方、2019年のチームタイトルを獲得したBrink Motorsportは、初の公式テストを目前に控えたタイミングで、起用をアナウンスしていたフレデリック・ブロムステッドの離脱を発表。トビアス・ブリンク、ハンス・モーリンと並ぶ3台目のドライバー候補を「急遽、検討しているところだ」と明かした。

 また、STCCのシリーズオーガナイザーは、8月のゲラーローゼン・アリーナで始まる短縮全4戦のシーズンを前に、新たなライブストリーミングサービス“STCC+”の創設を発表。開幕戦以降、シェレフテオ・ドライブセンターアリーナ、マントープパーク、リング・クヌットストープでの全レースに加え、今週開催の公式テストに至るまで、トークセッションやシュートアウトを交えたコンテンツとしてストリーミング放送を実施する予定だ。