セバスチャン・ベッテルが、F1オーストリアGPを前にした木曜、レッドブルリンクにおいて、フェラーリ離脱が決まった経緯を語った。

 5月12日、フェラーリとベッテルは、2020年末までの現契約期間終了後、契約を更新しないことを発表した。その後、フェラーリは後任としてカルロス・サインツJr.と契約、サインツが抜けるマクラーレンのシートには2021年にダニエル・リカルドが就くことも決定した。

 フェラーリはベッテルに、サラリーを大幅に減額した1年契約のみをオファーし、ベッテルがそれを受け入れなかったという説もささやかれていた。しかしベッテルは、フェラーリから契約延長のオファーは一切なされなかったと明かした。

「交渉が行き詰まる原因があったわけではない。(フェラーリのチーム代表である)マッティア(・ビノット)から電話が来て、チームには(契約を)続けていく意向はないと言われた」とベッテルは言う。

「もちろん驚いたよ。話し合いは一切しなかった。オファーが来なかったんだ。だから行き詰まりとなる原因があったというわけじゃないんだ」

 ベッテルは、移籍先候補のチームと交渉を行っているのかと聞かれ「今のところしていない」と答えた。

「自分と自分の将来のために正しい決断をしたいと思っている。僕は競争心がとても強く、このスポーツでたくさんのことを達成してきた」

「モチベーションはあるし、もっとたくさんの成果を出したいと思っている。そのためには適切なパッケージが必要であり、適切な人々に周囲にいてもらわなければならない。今はそれを探しているところだ。適切な機会が訪れるなら、(やるべきことは)明らかだ。そうでないなら、何か別のことを探す必要があるだろう」

 古巣レッドブルの首脳陣は、マックス・フェルスタッペン中心のチームにベッテルを迎える可能性を否定している。メルセデスはまだ2021年のドライバーラインアップを決定していないが、現レギュラードライバーのルイス・ハミルトンおよびバルテリ・ボッタス、育成ドライバーのジョージ・ラッセルを優先する意向を、チーム代表トト・ウォルフは示している。