第2戦シュタイアーマルクGPは、1週間前と同じレッドブルリンクで開催された。同じサーキットで2週連続してレースが行われるのは、F1史上初めてのことだ。ちなみにシュタイアーマルクというのは、レッドブルリンクのあるオーストリアの州の名前から取られている。

 2台全滅というまさかの結果に終わったレッドブル・ホンダは、戦闘力の点でもメルセデスの後塵を拝した。それが今週末、どれだけのリカバリーを見せてくれるか。マックス・フェルスタッペンはセッション開始時から、さまざまな空力センサーを車体に付けて周回を重ねている。

 アルファロメオのリザーブドライバーとなったロバート・クビサ、そしてウイリアムズからはジャック・エイトケンが、それぞれアントニオ・ジョビナッツィ、ジョージ・ラッセルに代わってFP1に参加している。

 開始後27分、ターン3を立ち上がったところで、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がスローダウン。「エンジンがいってしまったようだ」と言いながら、コース脇にマシンを止めた。ウイリアムズはすでにラッセルが、メルセデス製パワーユニット(PU)のICEやMGU-Hなどの交換を決めている。

 その後フェルスタッペンが、ミディアムで1分05秒867のトップタイムを記録。シャルル・ルクレール(フェラーリ)が0.077秒差で2番手に付けたが、タイヤはソフトだ。セルジオ・ペレス(レーシングポイント)3番手、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)4番手、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)5番手。そして開始後52分に、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が0.173秒差でフェルスタッペンから首位に。バルテリ・ボッタス(メルセデス)も同じミディアムで2番手につけたが、ソフトのペレスが1分04秒867でトップに立った。ランス・ストロール(レーシングポイント)も直前に1分4秒台のタイムを出していたが、コースをはみ出して抹消されている。

 残り30分を切って、フェルスタッペンもソフトを装着。しかしセクター1でタイムロスし、ペレスに0.096秒及ばなかった。その後は順位の変動はなく、3、4番手にボッタス、ハミルトン、5番手ストロール、6番手サインツと、開幕戦に続いてレーシングポイント、マクラーレンが速さを見せている。ただしこのセッションではアルファタウリ・ホンダもピエール・ガスリー8番手、ダニール・クビアト11番手と気を吐いた。

 若干のアップデートを投入したフェラーリだったが、セバスチャン・ベッテル10番手、ルクレール12番手と苦しい出だしとなった。最下位は、ケビン・マグヌッセン(ハース)。バッテリートラブルで、3周しか走れなかった。