BTCCイギリス・ツーリングカー選手権は、例年恒例となった“世界のモータースポーツ・カテゴリーのどこよりも早い”来季2021年のレースカレンダーを発表。ハンプシャー州に位置するスラクストンが久々の年2回開催のステータスを得て、全10戦30レースに復帰したスケジュールをアナウンスした。また、今季からワンメイクタイヤ供給を担うグッドイヤーが、新たな予選アワード創設を決めている。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に揺れた2020年シーズン改訂版の開幕を目前に控え、BTCCを運営するTOCAが早くも2021年カレンダーをリリースした。例年と同様、夏の時期にアナウンスされた来季スケジュールでは、全8サーキット10戦のイベントが発表されている。

 ロッキンガムの通常営業が終了した後に、その補填を担い年2回のイベントを主催してきたスラクストンだが、2020年のオリジナル版日程ではシルバーストンがナショナル、インターナショナルのふたつのレイアウトを使用して年2回開催のスロットを確保したことで、年1開催へと戻されていた。

 2021年シーズンはふたたび伝統の開幕戦ブランズハッチ・インディでの幕開けを予定し、ドニントンパークのナショナル・レイアウト、スラクストン、オールトンパークのショート版アイランド・レイアウト、そしてクロフト戦を経てサマーブレイクに突入。

 7月末のスネッタートンからノックヒル、2度目のスラクストン、そしてシルバーストンのナショナル・レイアウト戦を経て、ブランズハッチのグランプリ・サーキットでフィナーレを迎える。これにより、今季採用のシルバーストン、F1レイアウト“インターナショナル”はカレンダー落ちする形となっている。

「2020年シーズンがまだ開幕を迎えていない時点で来季カレンダーを発表するというのも、確かにBTCCにとって初めての事態だ。しかし、こうしてスケジュールを発表することで我々の活動が“正常”な状態に戻っていく過程を見るのは、誰にとっても歓迎すべきことだとの同意が得られるだろう」と語るのは、BTCCの最高運営責任者を務めるTOCA代表のアラン・ゴウ。

「こうして来季カレンダーを発表した上で、8月からはドニントンパークでいよいよ今季2020年シーズンの開幕を迎える。BTCCに参戦するドライバー、チーム、サポーター、パートナーの誰もが、チャンピオンシップの幕が開くことにワクワクしているよ」

 その2020年に向け、新たにワンメイク・サプライヤーとしてタイヤ供給を担うグッドイヤーは、企業活動としてのトップツーリングカー・シーンへの復帰を祝い『Wingfoot Award(ウイングフット・アワード)』の創設を発表した。

 これは全10イベントの予選セッション結果を対象とした制度で、上位15名のドライバーにポイントを付与するもの。ポールポジションが20点、フロントロウ2番手獲得で17点、以下15番手の1点まで加算され、シーズン終了後の通算成績でプライズ獲得を目指す形となる。

 グッドイヤーUK&Iのマーケティングディレクターを務めるアンディ・マーフリートは「このBTCCで、我々のブランド名を冠した“ウイングフット・アワード”を立ち上げることを心から光栄に思っている」と喜びを語った。

「これはグッドイヤーとして、トップクラスのレースカテゴリー復帰のお祝いとも言える施策だ。さらにヨーロッパのモータースポーツ・シーンへのグッドイヤー本格復帰の証として創設したものでもある」

「我々は予選セッションをレースウイークの重要なパートとして認識しており、この新たなアワードは、レース結果だけでなく予選セッションで最高のパフォーマンスを発揮したドライバーに、適切な報酬を与えることを目的としているんだ」

 待望の2020年BTCCシーズン開幕戦のドニントンパーク・ラウンドは、7月31日〜8月2日の週末に幕を開ける。
■BTCCイギリス・ツーリングカー選手権 2021年カレンダー
RoundDateCircuitRd.14月3-4日ブランズハッチ(インディ)Rd.24月17-18日ドニントンパーク(ナショナル)Rd.35月8-9日スラクストンRd.45月15-16日オールトンパーク(アイランド)Rd.56月12-13日クロフトRd.67月31-8月1日スネッタートン(300)Rd.78月14-15日ノックヒルRd.88月28-29日スラクストンRd.99月25-26日シルバーストン(ナショナル)Rd.1010月9-10日ブランズハッチ(グランプリ)