フォーミュラ・リージョナル事務局(FRS)は7月28日、富士スピードウェイにて8月1〜2日に開催される2020年シーズンのフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ開幕戦富士のエントリーを発表した。

 F1を頂点とするシングルシーターレースについては、FIA国際自動車連盟を中心にカテゴリー再編が進められている。このフォーミュラ・リージョナルはFIA-F4とFIA-F3をつなぐような位置づけのカテゴリーで、頭部保護デバイス“ハロ”など最新の安全基準に適合した車両で争われる。

 日本ではシャシーコンストラクターである童夢が、FIAフォーミュラ・リージョナル規格車両として童夢F111/3シャシーを開発。シリーズのプロモーターはピレリスーパー耐久シリーズを運営するK2プラネット内に立ち上げられたFRSが担当し、2020年シーズンからフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップとして開催される。

 8月1〜2日に開催される開幕戦には13台がエントリー。スーパーGT GT300クラスに参戦中の阪口良平や阪口晴南やTCRジャパンシリーズに参戦中の篠原拓朗。FIA-F3アジア選手権などでフォーミュラ・リージョナルを経験している金丸ユウ、高橋知己とともに、全日本F3選手権やFIA-F4選手権への参戦経験を持つジェントルマンドライバーが名を連ねている。

 最年少はTOM'S YOUTHから参戦する古谷悠河の20歳。最年長は吉田基良の64歳と、若手からジェントルマンまで幅広い年代のドライバーが集結した。また、フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップではOVERALLクラスとMASTER’Sクラスというクラス分けを設けることを予定している。

 2020年シーズンのフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップは富士スピードウェイで2戦が行われるほか、スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎ、岡山国際サーキット、オートポリスで全6大会14レースが行われる。

フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ 開幕戦富士 エントリーリスト(7月28現在)
No.DriverEntrantCar3阪口晴南SUTEKINA RACING TEAM童夢F111/34今田信宏EAGLE SPORT童夢F111/35金丸ユウSUTEKINA RACING TEAM童夢F111/36高橋知己Super License童夢F111/38篠原拓朗SUTEKINA RACING TEAM童夢F111/311植田正幸Rn-sports童夢F111/313吉田基良B-MAX ENGINEERING童夢F111/327SYUJIB-MAX ENGINEERING童夢F111/328古谷悠河TOM'S YOUTH童夢F111/330DRAGONB-MAX ENGINEERING童夢F111/334三浦勝CMS motor sports project童夢F111/378阪口良平フィールドレーシング童夢F111/38大阪八郎ZAP SPEED童夢F111/3