8月25日、WEC世界耐久選手権は2019/2020年シーズンのフィナーレを飾る第8戦『バーレーン8時間レース』の開催日程を11月14日とし、従来より1週間前倒しすることをアナウンスした。

 この変更は同日に発表があったF1の2020年シーズンカレンダー確定に関連したもの。

 2019/20年シーズン内で2度目の開催となるバーレーン8時間レースは、当初3月に開催予定も、新型コロナウイルス“パンデミック”の影響で中止となったWECセブリング1000マイルの代替ラウンドとしてセッティングされ、第7戦ル・マン24時間から約2カ月後の11月21日の実施が予定されていた。

 そのバーレーンでは今年、2度のF1グランプリ開催が計画され、11月27〜29日に第15戦『F1ガルフ・エア・バーレーンGP 2020』が、翌週の12月4〜6日には第16戦は『F1ロレックス・サクヒールGP 2020』が行われることが決まった。

 これによりWECとF1が2週続けて実施されることになることから、FIA国際自動車連盟とWECは第8戦の1週間前倒しを決定。その結果、全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦オートポリス、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権最終戦セブリング12時間と日程が重なることとなっている。

 また、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパのシーズン最終戦であるポール・リカール6時間も同週末に開催が予定されており、WECの日程変更が各シリーズの参加ドライバーやチームを悩ませることになりそうだ。

「今年4月に改訂されたシーズンカレンダーを発表した際に述べたように、現在の健康危機の進展や他のFIA世界選手権のカレンダーの都合で我々のスケジュールはさらに変更される可能性があった」と語るのはWECのジェラール・ヌーブCEO。

「バーレーン・インターナショナル・サーキットが、非常に忙しい時期にWECを歓迎し、快く受け入れてくれていることは非常に幸運だ」

「もちろん、IMSAのセブリング12時間と日程がバッティングすることは幸運とは思わないが、今年後半の圧縮されたレーススケジュールは前例のない状況によってもたらされたものであり、両シリーズへの影響は最小限に留まると考えている」

「私たちの最優先課題は、引き続きすべての人の健康を守ることにある。我々は“シーズン8”を皆が幸せに健康で終えることができるよう、可能な限りの感染予防対策を講じていく」

 2019/2020年シーズンのWECチャンピオンが確定する第8戦バーレーンは11月14日(土)の14時に決勝レースがスタート。チェッカー同日22時に振られることになる。