BMWのボトムラインを担う1シリーズとの共通骨格を採用し、コンパクトなセグメントながら流麗な4ドアクーペのスタイルを成立させた『2シリーズ グランクーペ』に、高い環境性能を実現する2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した『BMW 218dグランクーペ(ニーイチハチディー)』が登場。ラインアップ中で最高の省燃費性能を誇るグレードとして、8月27日より発売開始となっている。

 BMWブランドに先んじて、MINIなどで展開されてきた最新のFFアーキテクチャーを採用した『2シリーズ グランクーペ』は、全長4535mm、全幅1800mm、全高1430mmという日本の道路事情にもマッチした、コンパクトな4ドアクーペとなっている。

 そのサイズゆえ、機械式駐車場にも対応する都市型モデルに追加された『BMW 218dグラン クーペ』は、最高出力150PS/4000rpm、最大トルク350Nm/1750rpm-2500rpmを発生する2リッター直列4気筒クリーンディーゼルを搭載。世界基準となるWLTCモードの燃料消費率は17.1km/Lを実現するなど、高い環境性能と省燃費性能を誇っている。

 また、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断し警告するとともに、悪天候下でも安定した検知と警告をし、安全をサポートする運転支援システム『ドライビング・アシスト』も標準装備。これによりサポカー補助金対象モデルに指定されたほか、前進した軌跡を辿って自動で後退することが可能なリバース・アシストを含むパーキング・アシストなどの装備により、ドライバーの運転負担を軽減する機能も充実している。

 先行するガソリン仕様とおなじく、このクリーンディーゼルモデルにも通常モデルより一部装備内容を変更することで廉価を実現した“Edition Joy+”がラインアップされ、M SportやPlayのトリムを含め、価格は420万〜486万円(消費税込み)となっている。2シリーズの詳細はBMWの公式ホームページ(https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/gran-coupe/2019/bmw-2-series-gran-coupe-highlights.html)まで。