9月12日(土)、2020年F1第9戦トスカーナGPのフリー走行3回目(FP3)が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、アレクサンダー・アルボンは8番手だった。

 セッション開始時の現地の気温は28度、路面温度は40度というコンディション。まずはバルテリ・ボッタス(メルセデス)がソフトタイヤで1分17秒438というタイムをマークした。

 開始20分を前に、フェラーリ勢がミディアムでコースイン。シャルル・ルクレールが1分18秒333で2番手、セバスチャン・ベッテルは1分19秒793で9番手だ。ソフトでコースに出たルイス・ハミルトン(メルセデス)は、僚友ボッタスを上回る1分17秒415を記録しトップに浮上。3番手にはミディアムのランス・ストロール(レーシングポイント)がつけている。

 レッドブル・ホンダは2台ともミディアムを装着して最初のアタックに向かう。アレクサンダー・アルボンは1分18秒275で5番手、マックス・フェルスタッペンは1分17秒198と2番手に割って入った。セッションの折り返しを過ぎると、フェルスタッペンは2回目のアタックを行い、今度は1分17秒116で全体トップに躍り出た。

 後半になると、ボッタスは新しいソフトを投入し、1分16秒530で再びトップに。ハミルトンも1分16秒613でフェルスタッペンを上回る。アルファロメオのキミ・ライコネンは1分17秒843を記録しこの時点で6番手につけた。

 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)はソフトを履いて1分17秒226で5番手、同じくソフトのストロールは再びメルセデスに続く3番手にタイムを上げるなど、終盤は各車タイムを更新。最後にソフトタイヤを投入したフェルスタッペンは1分16秒547とハミルトンを上回る2番手に。

 結局ボッタスがトップ、フェルスタッペンが2番手、ハミルトンが3番手というトップ3でFP3は終了。ガスリーが5番手、クビアトが9番手とアルファタウリ・ホンダが揃ってトップ10に。アルボンは最終盤にタイムを上げて8番手だった。ブレーキトラブルに見舞われたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)はノータイムに終わっている。

■2020年F1第9戦トスカーナGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps177V.ボッタスメルセデス1'16.53017233M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1'16.54710344L.ハミルトンメルセデス1'16.61314418L.ストロールレーシングポイント1'17.11210510P.ガスリーアルファタウリ・ホンダ1'17.22614611S.ペレスレーシングポイント1'17.34114716C.ルクレールフェラーリ1'17.48815823A.アルボンレッドブル・ホンダ1'17.53811926D.クビアトアルファタウリ・ホンダ1'17.62717108R.グロージャンハース1'17.635191131E.オコンルノー1'17.746131255C.サインツJr.マクラーレン1'17.768191399A.ジョビナッツィアルファロメオ1'17.81215147K.ライコネンアルファロメオ1'17.843171520K.マグヌッセンハース1'18.03917166N.ラティフィウイリアムズ1'18.07216173D.リカルドルノー1'18.14212185S.ベッテルフェラーリ1'18.18615194L.ノリスマクラーレン1'18.826192063G.ラッセルウイリアムズNo Time1