レクサスは9月17日、スポーツクーペのRCと、ハイパフォーマンスバージョンの『F』モデルであるRC Fを一部改良し、全国のレクサス店を通じて9月17日に発売した。RCではボディ剛性の強化と軽量化による優れた操縦性や安定性、乗り心地の向上を実現したほか、レーダークルーズコントロールや電動パーキングブレーキを全車標準設定した。

 2014年に発売を開始したRCは、その流麗なボディとともに走りの味を築いてきたモデル。またRC FはV8 5リッター自然吸気エンジン、8速SPDSを搭載し、パフォーマンスを追求した専用装備を数多く採用した『F』モデル。どちらもモータースポーツ界に流用されており、RC FはGT500クラスのベース車として採用されたほか、カスタマーレーシングカーのRC F GT3は世界中で活用されている。

 そんな両モデルのうち、RCの一部改良では、今秋発売予定の新型ISとともに、レクサス独自の乗り味“レクサス・ドライビング・シグネチャ”をより高い次元へと昇華させることを目指し、優れた操縦性や安定性、乗り心地の向上を実現したという。スポット溶接打点の追加によるボディ剛性向上、スタビライザーバーの高強度鋼材採用や、リヤアッパーアームの高強度アルミ材採用によりばね下質量の低減を実現した。

 RC300では、2リッターターボエンジンの最高出力を発生させる回転数を拡大し、よりパワフルな加速フィール実現。またRC300hでは、アクセル操作に対する駆動力の制御を最適化することで、電動モーターがもたらすレスポンスの良さを際立たせ、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求している。

 また電動パーキングブレーキ/ブレーキホールド、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、クリアランスソナー&バックソナー、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートを全車に標準設定し、安全装備を充実させた。

 さらに外板色に金属質感と高光沢を実現した新規色ソニッククロムを含む全10色を設定。ソニッククロムはハイライトでの艶やかな光沢とシェードでの際立った陰影のコントラストで金属の質感を表現した新規色となる。

 一方RC Fは、マルチメディアシステムがSmartDeviceLink、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応。iPhoneやAndroidのスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイと連携させることで、リモートタッチによる画面操作や音声操作が可能になるなど利便性を向上させている。また、クリアランスソナー&バックソナーを全車標準装備としたほか、外板色には、新規色ソニッククロムを含む全6色が設定された。