2020年F1第10戦ロシアGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手、アレクサンダー・アルボンは19番手となっている。

 気温26度、路面温度38度というドライコンディションで現地時間12時にセッションがスタートし、マクラーレン勢がミディアムタイヤを履いてコースイン。開始後10分を過ぎるとハース勢やメルセデス勢がソフトタイヤ、ダニエル・リカルド(ルノー)がミディアムでコースへ出て行った。

 まずはノリスが1分36秒台のタイムをマークするが、リカルドが1分35秒672でノリスを上回る。その後バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分35秒183とトップに浮上するが、ボッタスはグリップの低さを訴えている。

 金曜日に好調さを見せたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはソフトで1分35秒930と一時首位に立つが、すぐさまボッタスが1分34秒289と再びトップに。アルファタウリ・ホンダはダニール・クビアトも同じくソフトで1分35秒371と4番手だ。

 セッションの折り返しを前にレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンがミディアムでコースインし、1分35秒735と11番手。一方マックス・フェルスタッペンはソフトを履き、最初のアタックで1分34秒306とルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回る2番手タイムをマークした。

 残り時間20分を切って2セット目のソフトを装着したボッタスは、すべてのセクターで最速タイムを記録して1分34秒055とトップタイムを更新したが、直後にハミルトンが1分33秒279とボッタスを0.7秒上回る。ミディアムで走行を続けていたフェラーリ勢2台もソフトを投入し、この時点でセバスチャン・ベッテルが4番手、チームメイトのシャルル・ルクレールが5番手に続いた。

 終盤は各車タイムを更新するが、ハミルトン、ボッタスのワンツーでセッションは終了。カルロス・サインツJr.(マクラーレン)がソフトで1分34秒086と3番手に浮上し、エステバン・オコン(ルノー)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)というトップ5に。ホンダPU勢の最高位は6番手のフェルスタッペンだが、自己ベストタイムを更新できなかった。クビアトが9番手、ガスリー11番手、アルボンは終盤にトラックリミット違反でタイムを抹消されたことなどもあり、最終的に1分35秒603と19番手で終えている。

■2020年F1第10戦ロシアGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps144L.ハミルトンメルセデス1'33.27916277V.ボッタスメルセデス1'34.05519355C.サインツJr.マクラーレン1'34.09617431E.オコンルノー1'34.23913511S.ペレスレーシングポイント1'34.25214633M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1'34.3061175S.ベッテルフェラーリ1'34.59414818L.ストロールレーシングポイント1'34.73213926D.クビアトアルファタウリ・ホンダ1'34.76814103D.リカルドルノー1'34.787121110P.ガスリーアルファタウリ・ホンダ1'34.792121216C.ルクレールフェラーリ1'34.806141363G.ラッセルウイリアムズ1'34.97916148R.グロージャンハース1'35.25714156N.ラティフィウイリアムズ1'35.292141620K.マグヌッセンハース1'35.451141799A.ジョビナッツィアルファロメオ1'35.59015187K.ライコネンアルファロメオ1'35.599151923A.アルボンレッドブル・ホンダ1'35.60314204L.ノリスマクラーレン1'35.98117