2020年F1第12戦ポルトガルGPの金曜フリー走行2回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、アレクサンダー・アルボンは10番手となっている。

 現地時間15時からのFP2は、午前中のFP1以上に青空が広がった。気温、路面温度はそれぞれ21度、36度まで上がっている。

 セッション序盤の30分は、2021年用タイヤのプロトタイプのテストに当てられた。ピレリの指示に従って周回を重ねる純粋なタイヤテストであり、チームもドライバーもどんな種類のタイヤを割り振られているのか知らされていない。13インチのタイヤは来季が最後で、2022年からは18インチに移行する。

 ピレリの走行プログラムに従って全20台が走行し続けるため、全長4.653kmの比較的短いコースにひしめく状態。「これじゃ、走ってる意味がない」と、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が不平を鳴らす。各車のペースは、FP1より2〜3秒遅い。

 18周前後の周回をこなして、30分間のタイヤテストが終了。残り60分は本来のフリー走行となった。メルセデスの2台はいきなりソフトを履き、ボッタスが1分17秒台に突入した。

 15時45分、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がターン13立ち上がりで減速。マシンを止めた直後にリヤ右側が炎に包まれ、セッションは赤旗中断となった。

 16時01分に、セッション再開。各チームにとっては、タイヤテストで30分を取られた上に、さらに16分間を失うという、手痛い赤旗中断となった。さらに再開直後の16時05分、ターン1の進入でフェルスタッペンとランス・ストロール(レーシングポイント)が絡み、アウト側のレーシングポイントがグラベルまで弾き飛ばされ、再び赤旗中断となった。ともにアタックシミュレーションに取りかかったタイミングだったが、ストロールが先にターンインしているだけに、フェルスタッペンの分が悪い。

 マシン排除に時間がかかり、セッションが再開されたのは終了わずか8分前。ほとんどのドライバーが一発アタックもまともなロングラン走行もできないまま、FP2は終了した。トップはボッタス、2番手にフェルスタッペン、3番手がランド・ノリス(マクラーレン)というトップ3となっている。