新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大きくカレンダーが変更されながらも、関係者が一致団結してシリーズを終えた2020年のスーパーGT。2019年まで毎戦優れた活躍をみせたメカニックに贈られていた『ZFアワード』が今年も実施されたが、前半戦、後半戦、さらに年間賞の3回に分けて授与され、2020年の後半戦は、GT300クラスでタイトルを争った埼玉トヨペットGreen Braveが受賞した。

 このZFアワードは、スーパーGTのレースウイークに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたメカニックに贈られるもの。2020年は新型コロナウイルスの影響で前半戦が無観客開催になったこともあり、前半戦、後半戦、さらに年間賞と3回に分けて行われることになった。

 2020年の前半戦ではR&D SPORTが受賞していたZFアワードだが、2020年後半戦では、吉田広樹/川合孝汰のふたりで素晴らしいスピードをみせ、第1戦、第8戦で優勝。GT300クラスチャンピオンも争った、52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTを走らせた埼玉トヨペットGreen Braveが受賞した。

「52号車は、最終戦ではコースレコードを1秒以上塗り替えポールポジションを獲得。レースでも今季2勝目を挙げる活躍をみせてくれました。今シーズンがデビューとなる新車であるにもかかわらず、マシンを見事に仕上げ、ドライバーの頑張りを後押ししたメカニックのみなさんの努力と素晴らしい仕事を讃え、ZFアワードの受賞となりました」というのが受賞理由だ。

 年間賞については、今後発表される予定。果たして年間賞は誰が受賞するのだろうか……?

2020 SUPER GT ZFアワード後半戦
https://youtu.be/vg7oJWG-wGA