アレクサンダー・アルボンが、2021年、レッドブル・レーシングのテスト&リザーブドライバーを務める傍ら、DTMドイツ・ツーリングカー選手権にスポット参戦することが明らかになった。

 アルボンは、レッドブルの支援により、F1でのテスト&リザーブドライバーの職務がないときに、DTMのレースに出場するという。チームメイトは2019年、2020年にFIA-F3選手権に参戦したレッドブルジュニアドライバーのリアム・ローソンで、チーム、マシン、アルボン欠場の際に代役を務めるドライバーについては、後日発表される。

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントであるヘルムート・マルコは「アレックス・アルボンのような成功したレースドライバーにとっても、レッドブルのジュニアドライバーであるリアム・ローソンにとっても、GT3スポーツカーによる上位カテゴリーのDTMは興味深いプラットフォームであり、真の挑戦である」とコメントしている。

 アルボンは、2019年にトロロッソ(現アルファタウリ)からF1にデビュー、この年の夏にレッドブル・レーシングに昇格した。しかし2020年にチームメイトのマックス・フェルスタッペンとのパフォーマンス差を縮めることができず、レギュラードライバーの座をセルジオ・ペレスに譲る結果となった。

 しかしレッドブル首脳陣はアルボンをレッドブルファミリーに残す決断をし、アルボンは2022年のF1復帰を目指すと宣言している。