2020年シーズン、ダムスからFIA-F2に参戦したダニエル・ティクトゥムは、カーリンへ移籍することを発表した。またフェラーリの若手ドライバー育成プログラム『フェラーリドライバーアカデミー』(FDA)に所属するニュージーランド人ドライバー、マーカス・アームストロングは、ダムスへ加入する。

 昨年はウイリアムズF1で開発ドライバーの役割も担いながら、初めてF2にフル参戦したティクトゥム。第4戦シルバーストンのレース2で初優勝を飾り、この年は優勝を含めて表彰台を4度獲得しドライバーズランキングでは11位だった。

 ティクトゥムはバーレーンで行われたポストシーズンテストにカーリンから参加しており、すでにチームとも打ち解けているという。ティクトゥムは、レースに勝てるカーリンのクルマでチャンピオンシップを戦いたいとコメントした。

「今シーズン、カーリンと仕事をすることを楽しみにしている。バーレーンでは3日間の実り多いテストができたし、彼らの一員だと感じている。一緒に良い仕事ができ、プレシーズンテストに向けた僕たちの目標もわかった」

「昨シーズンの終わりに向けて、カーリンは彼らにレースで勝てるクルマがあることを証明した。僕は本当にそれに乗りたいし、最初からチャンピオンシップに挑みたい。シーズンのスタートが待ち遠しいよ」

 一方アームストロングは、2020年にF2にステップアップしARTグランプリに加入。オーストリアのシュピールベルグで行われた第1戦と第2戦で表彰台を獲得し、ドライバーズランキングでは13位という成績を残した。

 彼もシーズン後のテストにダムスから参加しており、今年はタイトル獲得を狙っていると語った。

「ダムスへ加入することを嬉しく思っている。昨シーズン一緒に仕事をした際には興味深いことがたくさんあったが、ついにこの時が来た。F2は競争力が高いチャンピオンシップであり、8大会しかないので、何度も優勝している経験のあるチームで良いスタートを切ることが重要だ」

「ダムスには極めて歴史がある。特にGP2やF2においてね。短い間だけど彼らと一緒に仕事をして、彼らがベストを尽くし、まさに僕が必要としているものを与えてくれるリソースがあるというのもすでに明確だ」

 ティクトゥムやアームストロング以外にも続々とF2のラインアップが発表されており、ARTグランプリは2020年のFIA-F3でランキング2位を獲得したテオ・ポシェールの起用を発表。HWA レースラボからはアレッシオ・デレッダと、元F1ドライバーのアレッサンドロ・ナニーニの甥であるマッテオ・ナニーニが参戦する。

■2021年 FIA-F2ドライバーラインアップ(1月29日時点)
No.DriverTeam1ロバート・シュワルツマンプレマ・レーシング2オスカー・ピアストリプレマ・レーシング3TBAユニ-ヴィルトゥオーシ・レーシング4フェリペ・ドルゴヴィッチユニ-ヴィルトゥオーシ・レーシング5ダニエル・ティクトゥムカーリン6ユアン・ダルバラカーリン7リアム・ローソンハイテックGP8ユーリ・ビップスハイテックGP9TBAARTグランプリ10テオ・ポシェールARTグランプリ11TBAMPモータースポーツ12リリム・ゼンデリMPモータースポーツ14TBAチャロウズ・レーシング・システム15TBAチャロウズ・レーシング・システム16TBAダムス17マーカス・アームストロングダムス20ラルフ・ボシュングカンポス・レーシング21TBAカンポス・レーシング22マッテオ・ナニーニHWA レースラボ23アレッシオ・デレッダHWA レースラボ24TBAトライデント25TBAトライデント