アルピーヌF1チームは、ジュニアドライバーである周冠宇とクリスチャン・ルンガーの2021年シーズンに向けた計画を発表した。ふたりは2020年にルノー・スポール・アカデミーに在籍し、ルノーF1のテストドライバーを務めた。そしてこのシーズンオフの間は、ファクトリーチームのリブランドに伴って改称されたアルピーヌ・アカデミーで引き続き育成期間を過ごす。

 中国出身で21歳の周は、ユニ・ヴィルトゥオーシから参戦した昨年の第10戦ソチのスプリントレースでF2初優勝を飾り、最終的にドライバーランキング6位でシーズンを終えた。ARTグランプリのルンガーはそのひとつ後ろのランキング7位で、F2フル参戦初年度はスプリントレースでの優勝が2回、計6回表彰台に登壇するとともに、第9戦ムジェロでは初ポールポジションを獲得した。周もルンガーも、それぞれ2021年もユニ・ヴィルトゥオーシとARTグランプリでシーズンを戦うことになる。

 また、現FIA-F3王者のオスカー・ピアストリが新たにアルピーヌ・アカデミーに加わる。ピアストリは、フェラーリのジュニアドライバーであるロバート・シュワルツマンとともに、チャンピオンチームのプレマ・レーシングからF2に参戦予定だ。

 アルピーヌ・アカデミーのラインアップに予想外の復帰を果たしたのは、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップで7勝を飾ってタイトルを獲得したチャンピオンのビクター・マーティンスだ。マーティンスは、ハイテックGPからFIA-F3に出場したものの成績不振でプログラムから脱落したマックス・フュートレルと入れ替わる。

 フォーミュラ・ルノー・ユーロカップで2位につけたカイオ・コレットも、アルピーヌ・アカデミーに加入する。F3でマーティンスと戦うことになるブラジル出身のコレットは、5回の優勝を果たし、19歳のマーティンスに44ポイント差でシーズンを終えた。

「2016年にプログラムを開始して以来、アカデミーは成長の重要段階に入った」とアルピーヌ・アカデミーのディレクターを務めるミア・シャリズマンは語った。

「理論上今年の我々は非常に経験豊富なラインアップを擁している。我々のドライバーたちは昨シーズンそれぞれのシリーズで、17回の優勝とふたつのタイトルを獲得しているのだ」

「今年は非常に競争力のある3名のドライバーをF2に参戦させる。彼ら全員が勝てる力があることを証明してきた」

「周はシリーズで3年目を迎える。彼にとって、経験とタイトル獲得のポテンシャルを組み合わせる時が来た。我々はまた、クリスチャンについても高い期待を持っている。彼は今年タイトル獲得に挑戦できるだろう。昨シーズンに彼が垣間見せたポテンシャルのすべてがそのことを示している。オスカーは、昨年F3王者を勝ち獲った大きな自信を持って我々に加わるF2のルーキーだ」

「F3ドライバーペアも非常に強力だ。昨年のユーロカップチャンピオンであるビクターと2位のカイオが、MPモータースポーツから参戦する」

「アカデミーのドライバーたちは、我々のF1体制において何が自分たちを待ち受けているか分かっている。最高のパフォーマンスを発揮したものにチャンスが訪れるだろう」