2月13日、日産自動車とニスモはモータースポーツファンイベントをオンラインで開催したが、このなかで2021年のスーパーGT GT500クラスに参戦する4台のニッサンGT-RニスモGT500のチームの陣容とカラーリングデザインが公開された。

 2021年のチャンピオン奪還を目指すニッサン/ニスモは、すでに1月18日に4台のドライバーラインアップとチームを発表していたが、その際にはタイヤメーカー等の詳細は発表されておらず、2月13日、オンラインで行われたファンイベントで、その体制とカラーリングがお披露目された。

 4台のタイヤメーカーについては、2020年同様NISMOとNDDP RACING with B-MAXがミシュランを使用する。一方、TEAM IMPULはブリヂストン、KONDO RACINGはヨコハマを使用する。また、オンラインイベントのなかではエンジニアも発表され、23号車MOTUL AUTECH GT-Rは中島健エンジニア、3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは宮田雅史エンジニア、12号車は大駅俊臣エンジニアが継続となるが、24号車リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rには2020年までZENT GR Supraを手がけていた村田卓児エンジニアの就任が明らかにされた。

 カラーリングについては、4台ともに2020年から大きな変更はされていないが、日産自動車のコーポレートロゴが変更されている。2021年のスーパーGT GT500クラスの4台のニッサンGT-RニスモGT500の陣容は下記のとおりだ。

2021年ニッサン/ニスモGT500クラス チーム体制
NoTeamDirectorCar NameDriverEngineerTyre3NDDP RACING with B-MAX田中利和CRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平/千代勝正宮田雅史MI12TEAM IMPUL星野一義カルソニック IMPUL GT-R平峰一貴/松下信治大駅俊臣BS23NISMO鈴木豊MOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリ中島健MI24KONDO RACING近藤真彦リアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠/佐々木大樹村田卓児YH
総監督:松村基宏
エグゼクティブアドバイザー:ミハエル・クルム
NISMOアンバサダー:柿元邦彦