ウイリアムズ・レーシングが、2021年型F1マシン『FW43B』のシェイクダウンを行ったことを明らかにした。ニューマシンの正式発表は3月5日に予定しており、チームは走行するマシンの動画や写真は公開していない。

 2月17日、イギリスのシルバーストンで、ウイリアムズは、レギュラードライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィにより、メルセデスのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する『FW43B』のシェイクダウンを行った。規則で年に2日認められたフィルミングデーの扱いであるため、走行距離は100kmに制限され、デモンストレーション用タイヤを使用しての走行となった。

 F1公式サイトによると、ウイリアムズはスムーズな一日を過ごし、予定していたプログラムを完了したということだ。

 ウイリアムズファミリーは2020年8月にウイリアムズチームをアメリカの投資会社ドリルトン・キャピタルに売却、今年は新オーナーのもと、ヨースト・カピートCEO、サイモン・ロバーツ代表の新体制で始まる初めてのシーズンとなる。

 16日にはマクラーレンが同じシルバーストンで2021年型『MCL35M』のシェイクダウンを行っている。