スクーデリア・アルファタウリは、2月19日、オーストリアの新しいアルファタウリ・ショールームで「ファッション・ミーツ・フォーミュラ1」をテーマとした発表会をオンラインで公開、2021年型アルファタウリ『AT02』・ホンダと新ドライバーラインアップであるピエール・ガスリーと角田裕毅のお披露目を行った。チーム代表フランツ・トストは、『AT02』が優れたパフォーマンスを発揮することでふたりのドライバーが好結果を出し、チームが2020年よりもより一層いいシーズンを送れることを期待している。

 アルファタウリの前身トロロッソは2006年からF1に参戦、ホンダとは2018年から提携している。アルファタウリとしての初シーズン2020年は、コンストラクターズ選手権としてはチームベストの6位(2008年と2019年)には届かず7位だったものの、過去最高の107点を獲得。イタリアGPでガスリーが優勝、2008年にセバスチャン・ベッテルがSTR3でモンツァで優勝して以来の勝利を挙げた。

 トスト代表は、2021年はさらに一歩前進できるよう、『AT02』が期待どおりのパフォーマンスを発揮することを願っている。

「スクーデリア・アルファタウリとしての最初の年は、とてもいいシーズンになった。多くの面で改善を果たすことができた」

「空力において正しい方向に進んだし、設計部門はワークフローをスムーズにし、目標をより良い形で素早く達成するための手順を強化した。運営面ではまた大きな進歩を達成した。非常に迅速なピットストップを実行できたことが、シーズンを通して好結果を出すことにつながった」

「こういった仕事のすべてにより、モンツァでピエール・ガスリーが初優勝を挙げるというハイライトが実現したのだ」

「まだやるべきことはあるが、新シーズンに向けてできる限りしっかり準備を整えるべく集中している。ニューマシンが期待どおり優れたものであることを願う。我々のドライバーたちが競争力のあるマシンに乗れば、今年はより一層いいシーズンを送れると考えているからだ」

 トストは、ガスリーとルーキーの角田のペアに大きな期待をかけている。

「今シーズンのラインアップは興味深いペアだ。経験あるドライバーとルーキーの組み合わせなのだ」

「ピエールは、今のF1のなかで最強のドライバーのひとりだ。彼は良きリーダーにもなり、裕毅の進歩を助けてくれるだろう。裕毅はF2選手権でランキング3位を獲得した。去年の彼のレースを見ていたが、非常に素晴らしい仕事をしたと思う。何度か優勝し、印象的なオーバーテイクをたっぷり見せてくれた。すでにF1カーでのテストを経験しているし、F1キャリアをとてもいい形でスタートすることになるはずだ。彼は天性の速さを持つ、才能あるドライバーだからね」

 アルファタウリの2021年の目標は、中団グループのトップに立つことだと、トストは言う。

「2020年にスクーデリア・アルファタウリは、中団チームだった。マクラーレン、ルノー、レーシング・ポイントといったチームとしっかり戦うことができた。しかし、今年の目標は、常に中団グループのトップに立ち、さらに改善していくことだ。そのためには、信頼性の問題が起きてはならないし、全戦で入賞する必要がある。それを実現するには、ミスを犯してはならないので、1戦1戦、コース上でもそれ以外でも、自分たちの仕事に100パーセント集中していかねばならない」