2021年F1バーレーンGP決勝で、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは15位、ランス・ストロールは10位だった。

 ベッテルは、決勝中、ターン1でエステバン・オコンと接触、スチュワードは審議の結果、ベッテルに完全に責任があると判断、10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科した。

 ベッテルは、接触した当初、オコンがラインを変更したと主張していた。レース後、ベッテルはF1公式サイトに対して「左側にスペースを残してくれているのだと思っていたら、彼は突然左に戻ってきた。彼の後ろでロックアップしてしまい、接触を避けられなかった」とコメントしている。オコンは、ベッテルがレース後、謝罪に来たと明かしている。

 ベッテルは予選でイエローフラッグに適切に対応しなかったと判断され、5グリッド降格およびペナルティポイント3を科されていた。この週末だけでペナルティポイントは5点加算されたことになる。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=15位
 とてもトリッキーなレースだった。戦略で他とは違ったことをしようとして、1回ストップを試みたが、最終的にはいい結果が出なかった。やってみたのはいいことだったと思う。ただ、終盤、タイヤが崖を迎えてしまった。

 スタートはとてもうまくいき、1周を終えた時点でいいポジションにつけていた。でもその後、順位を上げていくのは難しかった。タイヤに小さなフラットスポットを作ってしまったが、1回ストップを機能させるために、最初のスティントを引き延ばさなければならなかった。

 結局、今日はポイントを獲得することはできなかった。いい週末だったとはいえないが、今は、皆で協力し合って学習し、改善できそうな部分を見つけようとしているところだ。今後のレースで大きく前進できる可能性は十分あるよ。

■ストロール10位「アロンソとのバトルは楽しかった」

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=10位
 ポイントを獲得できてうれしいけれど、1ポイントではなく、もっとたくさん持ち帰れるものと考えていた。レース前半はうまくいき、いくつかポジションを上げていた。マシンの感触はよく、周囲のマシンと激しく戦うことができた。

 でもレース後半にハードタイヤを履くと、少し勢いを失った。それでもポジティブな点をたくさん見つけた。いいバトルをたくさんして、特に序盤のフェルナンド(・アロンソ)とのバトルは楽しかった。

 改善できる部分がいくつかあることは分かっているし、今週末学んだことを今後役立てることができるだろう。次のレースまでの期間に作業に取り組んでいく。