2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは14番手、セルジオ・ペレスは6番手、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は7番手、ピエール・ガスリーは3番手となっている。

 現地時間午後2時半からのFP2は、気温13.6度、路面温度25.2度と、依然として低温コンディションだ。FP1が2度の赤旗で中断されたこともあって、グリーンシグナルが点灯するや全車がコースへと出て行った。電気系トラブルで満足に周回できなかった角田も、ミディアムタイヤで順調にタイムを伸ばしている。角田のパワーユニットはFP2前にESとCEを交換した。

 序盤はフェルスタッペン、メルセデスの2台、そしてフェラーリの2台が、僅差で首位を奪い合う展開となった。彼らの後ろ6番手には角田がつけている。午前中エステバン・オコン(アルピーヌ)と接触したペレスは、やや出遅れて7番手だ。

 開始後10分、最終コーナーを立ち上がったフェルスタッペンが、「リヤの何かが壊れた」と伝えながらスローダウン。メインストレートを過ぎたところで止まってしまった。駆動系のトラブルか。開幕戦バーレーンGPの決勝レースでも、フェルスタッペンはデフトラブルに見舞われている。

 その間に上位勢はさらにタイムを伸ばし、トップのボッタスは1分15秒551、ハミルトンが0.1秒遅れで2番手。3番手のカルロス・サインツJr.(フェラーリ)以下は、1秒以上の大差を付けられた。一時3番手タイムを出したガスリーは、ターン9ではみ出しタイムを抹消された。6番手タイムだった角田も、同じターン9でタイム抹消となった。

 ソフトタイヤを履いたウイリアムズのニコラス・ラティフィが、一時5番手タイム。イモラのコース特性が合っていることもあるが、今季のウイリアムズは確実に戦闘力を増しているように見える。

 セッション中盤には、ガスリーが1分15秒629でハミルトンに0.043秒差をつけて2番手。角田も1分16秒419で6番手まで順位を上げた。アルファタウリの速さが際立つ展開だ。

 ソフトタイヤが驚異的に保ちがよく、各車はアタックを繰り返しタイムを縮め続けている。残り時間20分辺りから、各車ロングラン走行に移行した。ソフトタイヤとミディアムタイヤが、ほぼ半分ずつ。決勝レースでも、ソフトの保ちが重要なカギを握りそうだ。

 メルセデスは2台とも、ミディアムでロングランを行っている。フェラーリはソフトとミディアムに分かれ、アルファタウリは2台ともソフト。ガスリーは終盤、ミディアムのロングランにもトライした。1台だけで走っているレッドブルのペレスは、ミディアムで周回。フェルスタッペンのコース復帰はならなかった。

 チェッカー直前、ロングラン中のルクレールが、最終コーナーで飛び出してウォールに衝突してマシン前部を大破した。「プッシュし過ぎた」と、ルクレール。赤旗中断となって、セッションはそのまま終了した。

 初日FP2はボッタス、ハミルトンが1−2。ガスリーが0.078秒差で3番手。サインツJr.、ルクレールのフェラーリ勢が4、5番手。6番手のペレスから0.008秒の僅差で、角田が7番手に付けた。