2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7位を獲得した。

 ガスリーは、大部分のドライバーがインターミディエイトタイヤを履くなかウエットタイヤで5番グリッドからスタートした。しかしタイヤに苦しみ、17番手まで落ちた14周目にインターミディエイトに交換。26周目にミディアムを履いて、終盤に順位を上げていき、8位でフィニッシュした。レース後、ランス・ストロールがガスリーをオーバーテイクする際にコース外を使用したと判断されてタイムペナルティを受けたことで、ガスリーは7位に繰り上がった。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=7位
 ジェットコースターのような一日だった。5番グリッドを確保しながら、大部分のドライバーとは異なるスタートタイヤを選んだところ、あっという間に後方まで落ちてしまった。本当にがっかりしたよ。

 でもそこから戦い続けた。赤旗の後にポジションを上げ始め、8位でフィニッシュし、7位に繰り上げられた。この結果にはとても満足している。チームのために大事なポイントをいくつか取り戻すことができたので、よかったと思う。

 土曜に証明したように、このマシンには大きなポテンシャルがある。次のレースでは、週末を通してすべてのことをうまくやり遂げたい。